読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅羽ネムの長いひとりごと

思いついたことを書いたり描いたりしてるブログ。あくまで主体がTwitterなのでコメント欄なし。のんびりやります。

ここまでのジュウオウジャー&仮面ライダーエグゼイドは⁉

ヘボット!(挨拶)あのアニメは相変わらずわけがわからないよ。それでもこの頃は30分1話完結のアニメとして話がまとまってるようになってきたかもしれない…?いや単に私の脳がマヒしてるだけかもしれない…。

 

壁を乗り越えるみっちゃん、壁を作る大和先生(ジュウオウジャー

バングレイさんの死後、時々サブライターによるギャグ回を挟みつつバドさんやジュ―ランドの秘密も明らかになったりするうちに例えば人間とジューマンとか、支配する者と抵抗する者もしくは恐怖にとらわれる者、そういう違いがある者同士が繋がるのか、拒絶するのかっていうところを少しずつ描いてきてるっぽい…?いやあずっと自分に自信を持てずにいたみっちゃんがついに覚醒しましたよ。良かったねえ良かったねえ(´;ω;`)そしたらまるで入れ替わるように大和先生の気持ちに陰が出てきた。あの大聖人大和先生が…という心配事もありつつ次回は真理夫おじさんが変身しちゃうんですってよ。

f:id:asanem800:20161226214806j:image

そういうことじゃない。

さていよいよ新番組も発表です。

www.toei.co.jp

 

レーザー、GAMEOVER…(仮面ライダーエグゼイド)

本題に入る前に。私はフィクションを楽しむ場合必ずしも推しキャラができるわけではありません。特撮キャラで私にとって推しキャラと言えるのってジロー(人造人間キカイダー)、おおとりゲン(ウルトラマンレオ)、ドラゴンレンジャーブライ(恐竜戦隊ジュウレンジャー)、五代雄介(仮面ライダークウガ)くらい。…最後に萌えたのって16年前なのかよ私…。ただ推しがいないから物語を楽しめないのかというとそうでもなく、例えばストーリー構成の妙だったり演出の良さだったりを楽しんでることが多いです。また、萌えまで感じていなくてもキャラ同士の掛け合いが面白いというのはあります。…何が言いたいのかというと、ここから書くエグゼイドの感想は人によっては見当違いだったりするかもしれません。どうかお手柔らかにお願いしますm(_ _)m

まずはエグゼイド制作発表会見の模様をご確認ください。

発表されたライダーは3人。(エグゼイド、ブレイブ、スナイプ)

こちらが放送開始前のPV。

youtu.be

3ライダーとゲンム(この時点では公式は黒いエグゼイドと呼んでいた)が確認できる。そして実はレーザーレベル2がチラッと映っているのだがこれだと観る側は「エグゼイドのバイク」と思い、誰もこのバイクまでもが仮面ライダーだと思わなかったはず。そして何よりも、ここまでずっと九条貴利矢は監察医としか紹介されていない。…今から思えば、放送前から我々視聴者は策にハマっていたんですよ!

ここからの彼の行動と視聴者の心の動きを考え合わせてみると、

  1. 見た目がチャラいな(´・ω・`)劇団EXILEの人という触れ込みがおそらくその印象にさらに拍車をかける)
  2. えっあんたもライダーだったのあたし聞いてない!(゚Д゚;)
  3. わあレベル1ペンギンみたいでかわいい(*´▽`*)
  4. えっ変身はできるけど自走できないって不便www( *´艸`)
  5. えええ嘘つき野郎かよ他の医者も自分勝手な連中ばかりだしこの病院ろくなのいねえな
  6. でもレベル2がバイクだから戦うってなるとペンギンがボコボコにやられる感じになっててかわいそう…
  7. いえーいギリギリチャンバラ―!人型で戦えるよ!やったねきりちゃん!
  8. えっ友達を亡くした過去が…
  9. えっ真実を話したことで友達が絶望して死んだから真相を求めてるのに嘘ばかりついてるの…
  10. 真実を口にしたらまた相手を傷つけそうで怖いんだな…
  11. 彼なりの思いはあるのにこれじゃ誰にも信じてもらえないな…
  12. おいおいすごい蹴りだなEXILEの人マジヤバいっす(※平成ジェネレーションズ)
  13. ゲンムが社長だとみんなが知ったから嘘言ってなかったってわかってもらえたよ!やったねきりちゃん!

ライダーだということを伏せておいて番組中で明かすことで視聴者の心にフックを作り、彼の真意を他の登場人物が知らない状態で視聴者だけが知り、さらに物語の核心にどんどん迫ることで共感を呼ばせていく。これ彼を好きになる人が増えるのも当然の造形だわ。そして「でも物語自体が不穏なところ多すぎるし彼危ないのでは…?」「35話くらいまで生き残れるかなあ」なんて話も出始めていたところだった。あの12話ってなあ、前半がクリスマス特別篇とか言って例年での夏のギャグ回みたいだったし、まるでここから最終章の幕開けみたいでしたよ…繰り返しますがまだ12話なんですよ?

f:id:asanem800:20161226214816j:image

あえてデフォルメ風の絵で描いた方があの世界観に合ってるのかなと思う。前の感想で「どんなにシリアスな話をしても出てくるのはゆるキャラ」とコメントしたけどたぶん実態はちょっと違う。ゆるキャラ生き死にのシリアスな話をするのがエグゼイドなんだと思う。\レッツゲーム!ムッチャゲーム!ワッチャゲーム!/\マイティジャンプ!マイティキック!マイティマイティアクション!エーックス!/みたいな楽しげな歌が流れる中で、「変身のために特殊な抗体を打ち込んだ医者が」「ガシャットの副作用に侵される危険性をはらみながら」「エネルギーがなくなるとゲームオーバーで消滅するような殺し合い」に挑み続けるというのはシリーズを重ねて規制も増えた中で表現できるグロテスクがあって何か…イイなって…。カラフルの奥に隠れた残酷さは鎧武にも通じるところがあるのであの時の反省点を生かしてやってるのかもしれない。あの当時私が鎧武にどうも乗り切れなかったのって「過去シリーズのオマージュが過剰すぎて引っかかった(若さゆえに調子に乗ってしまったりいろいろ間違える紘汰さんなのに1話のあの子供を諭すシーンがキャラに合わないと思って)」ってのが大きく、エグゼイドは今のところ「あれ?これってもしかしてそうなのかな?でも確信できるほどでもないな?」ってくらいなので引っかかりなく観ていけてる。

この奇妙さって単に物語内だけのことじゃなくて、現時点でこの番組は「悪のおもちゃ会社が作ったおもちゃを現実世界のおもちゃ会社が販売している」というなかなかすごい構図になっているのですよ。私のような心のねじれた大人がネタで言う「秘密結社財団B」が現実のものになっているのです。

youtu.be

どんなに本編が不穏で深刻でも空気読まずに入り込んでくるこのCMはだんだん「ああ、この奇妙な感じがエグゼイドなんだな」って感覚になってきている。例年起こる「どれだけ話がシリアスに進行しても変身音声がアレなので我に返ってしまう」問題も「だっておもちゃですから!!!これがエグゼイドですから!!!」で押し通してるわけです。いいぞ、この図太さが平成ライダーだ。

そんなわけで萌えは感じていないながらも制作側の本気は感じ取れていて今のところエグゼイドという番組には好感を持っております。このまま最後まで突っ走ってほしいけど最終的にライダー全員五体満足ではいられなさそうでファンの屍累々になりそうだなあ。ところで永夢くんについては適合手術の謎と冬映画で明かされた秘密を考えてみると、死ぬよりももっと厳しい「永遠に死ねない」地獄があるんじゃないかと想定している。中間フォームか最終フォーム登場の頃に倒されて消滅と思いきやびっくりするほどあっさりと元通りになってたりとか。そしてちびっこはエグゼイドすげえ!って言ってて大人たちは青ざめるの。決めゼリフ「ノーコンティニューでクリアしてやるぜ!」が残酷な形で帰って来るのではと思っている。まあ特撮ファンでもないただ立ち寄っただけのゆるい視聴者の戯言にすぎないのであまり重く受け取らないでくださいね。

何しろあの世界ワンダースワンが大人気ってことはおそらく任天堂が存在しないので視聴者の常識が通用しない可能性があるからね⁉

逃げるは恥だが役に立つ

当アカウントが好きになり、自分のTwitterのTLでも盛り上がるドラマが高視聴率になることは朝ドラ以外ではめったになく、いや皆無と言ってもいいくらいで非常に驚いている次第。

mdpr.jp

しかも盛り上がり方も「ガッキーかわいい♥源ちゃんかわいい♥」で世間とほぼ同じ。びっくり。ちなみに同じTBS火曜10時枠の重版出来!の場合は

mdpr.jp

世間「五百旗頭さんの部下になりたい♥

自分のTL(私含め)「五百旗頭さんに助けられるミミズになりたい♥

な ぜ な の か 。

そんな疑問はともかく世間の盛り上がりも含めて楽しいドラマでしたガッキーかわいい。

f:id:asanem800:20161222074442j:image

せっかくなので俺はあえてみんなが描いてる恋ダンスではなくて十姉妹を愛でる2人を描くぜ!(こういう精神だからなかなか高視聴率ドラマに巡り会わんのだ)

毎週かわいいかわいいばっかり言っておりましたがそこにくるんで働くことの喜びと厳しさ、人への感謝の気持ちはちゃんと形にして表すこと、人が生きる上では誰かが作った常識という名の呪いに縛られてしまうことはあって、そんな苦しめるだけのものからは逃げてもいい、その先にきっと解放してくれる存在はあるとメッセージを送ってくれるドラマでした。それはただの綺麗事かもしれない。でも「現実はこうだから」ってことで例えば「〇〇歳までに結婚しなければならない」とか「男と女が愛し合わないといけない」とか「お金を求めるなんてはしたない」とか「若くなくなったら価値がなくなる」とかだけをずーっとやってたらみんな「苦しいけどそうしなきゃいけないから」って受け入れてずーっとしんどいんじゃないかな。それこそが呪い。いやもちろんそういう価値観を今まで恋愛ドラマでやってきたってことは世間の大半にはそういうのがウケるってことなわけで、間違ってるとまでは思わないんだけど。ただこのドラマがヒットしたってことはそんな価値観から逃げたいと思う人も少なくないのでは、気づかない間に縛られてる人には気づきになるのではと思いたい。綺麗事だよ、だから本当にしたいじゃない、本当は綺麗事がいいんだもん。(from仮面ライダークウガ徳川家康だって真田幸村の猛攻から逃げ出してもその後勝機をつかんだんですよ!(最終回に倣って真田丸に重ねてみる)

じっくり観ているとそういう難しいことも考えてしまうのですがそれを説教臭くせず、かわいさとパロディでくるんで平日の夜、仕事から帰ってきて疲れてる視聴者にも見やすくしてるあたりはなかなかの策士だとも思いました。3ヶ月楽しかったです。ありがとうございました。

ところで火曜ドラマとしては空前の高視聴率だったことでいろいろと話題になってるわけですが、そのことで同枠のこれまでのドラマが失敗作だったみたいに語られてるのは心外でございます。あの時間帯はー!夏クールまではずっと裏番組もドラマをやってたんですよー!視聴率が上がっていくたびに浮かれていくTBSがまるで全盛期の某お台場局のようで、今後この枠は逃げ恥の数字が基準となるんだろうか、また自分好みのドラマが始まった時に数字がこれより低くなっても切り捨てられたりしないだろうかと心配になったりもしました。普段恋愛ドラマがものすごく苦手で観ない私がこのドラマを観ようと思ったのは重版出来!の制作陣がやるということだったのでハードルが下がり、あらすじを読んで「つまりガッキーが本当は両想いなのに全然気づかないでいるのね?それすごくかわいいね?」と思ったからでしたの。重版出来!を観てなかったらあらすじ自体読んでませんよ。*1「視聴率が低いのはダメなドラマ」って呪いもなくなってほしいな。

*1:ガッキー出演作品はS-最後の警官-しか観てないのにその思考に至った理由は自分でもわからないが。

真田丸最終回のサブタイトルを考えながらの感想と雑感

無題ということであれこれ考えながらこの楽しかった1年を振り返ってみますよ。

 

幸村の名を遺し、本当の彼は消えていく「信繁」

f:id:asanem800:20161219075748j:image

勝頼様の最期(2話)を思わせるきらめきだったなあ。策を立てて戦況をかき回すくらいはできてももう豊臣家が勝てる可能性はどこにもない事態で、さらにほんのちょっとの見誤りが致命傷になってしまう。未来人の視聴者から見たら「わあ源次郎間違えてる」なんだけど当事者、ましてメールも電話もなくて情報伝達一つにも手間取る時代では我々には計り知れないこともあろう。それを外野がどうこう言えるかというと、ね。それでも「あの徳川家康を自害寸前にまで追い込み、最も恐れさせた戦国武将(の1人)真田幸村の名は後世にまで残る。そこに行きつくまでに真田源次郎信繁がやってしまった数々の失敗を覆い隠すかのように。

 

「逃恥」(逃げるは恥だが役に立つ

その信繁(幸村)と家康との対峙に割って入る徳川秀忠

恋

あのシーンはたぶんほとんどの視聴者の脳内でこれがかかったと思うwww思えば5話の伊賀越え、大爆笑しつつも「信繁が見ていないことは描写しない」方針のこのドラマにおいてなにゆえあんなに尺を取ってやっていたのか不思議ではあったんだけど全てはここのため、そしてラスボスであり最後の勝者である徳川家が悪役ではなく彼らもまたあの時代を必死に生きた人間たちだと示すためなんだなあと。史実をよく知らなくてもあの伊賀越えを思い出すだけで「ああそりゃ家康は戦を嫌うよねえ」と納得できたし、だからこそ戦のない新しい世を作るためにあれこれ手を尽くす。実際多くの民にとっては戦のない世の方がいいのだ。ただその分昌幸みたいな乱世でしか生きていけない人たちが取り残される残酷さも孕んでいる。これはどっちが正しい悪いの話ではなく正義の反対は別の正義という感じ。命の危機に立ち向かう者、潔い死を選ぶもの、そして無様に逃げて一時の恥を覚えながらも命をつなぎ、勝機を見い出す者。ところですっかり「逃げるは恥だが役に立つ」が徳川家の家訓みたいになってる状況は笑うwwwまあ勝った徳川もナレーションで葬る有働アナが最強なんですけどね!←

 

守るべきもののために声を上げろ!「応援」

ところで言葉は悪いけど私は基本的に大河ってサンドバッグ枠だと認識していた。毎年毎年叩き記事が出るし、視聴者はいつもあれが違うこれが違うって怒ってるし。いつもいつもそんな光景ばかり見ていて基本的には関わりたいとは思わず、それでも自分が面白く観られそうなものだったらちょっと立ち寄ってみようかなーと思うこともあったけど、八重の桜の時にそういう気持ちも消え失せて「どうせ何やったって途中でガタガタになるしみんな何もかも演者の責任にしてポイするだけじゃねえか」「だいたいこんなdisしか出てこない枠を存続させる意味って何だ」としか思えなくなっていた。前半の数字について叩かれた時に怒ってた人たちがオダギリさん登場の時に「あいつが来るともっと下がるから来ないでほしい」と騒ぎ出したことについては絶対に忘れないしずっと心の中にわだかまりとして残っている。

真田丸を観ようという気になったのは、さすがに三谷幸喜さんならまさか途中で路線変更することはないだろうと思ったから。この辺は新選組!の信頼と実績がある。そして情報が開示されていくたびに大河ファンのフォロワーさんたちが楽しそうだったから。でも実際の番組がどうなるかはすごく不安だった。始まってみると1話の「浅間山が火を噴かない限り武田は滅びませぬ→からの浅間山ドカーン」で爆笑し、悲運の武田勝頼様が放つきらめきに涙し、これ面白いなと思った。ただ数字は高いのか低いのかよくわからなかった。そして叩き記事が出てくるいつもの流れ。ああ今回は長澤まさみさん叩きなのねーハハッと乾いた気持ちでいたら2月辺りにTwitterで「良いと思った人は応援メールを送れ」運動が起こり始めた。良いと思った人はそこで満足しちゃってとくに感想を送らない一方でクレーマーは次々と不満を寄こしてくるから必然的にNHKには不満だけが送られてくることになると。えっdisばかり見える原因ってそれなの⁉という気づき。…確かにNHKってそれがNHKだというだけで気に入らない人ってたくさんいそう…。そこからお問い合わせセンターには応援メールがたくさん舞い込み、それが制作陣の原動力になったというのはいい話だった。

あの時「この悲しくも気高いドラマのまま1年貫いてくれ」と伝えていれば、私は八重の桜を救えたんだろうか。

NHKにお問い合わせを送るのはこちらから。番組名は必ずつけよう!

 

最強の布陣の「集結」

ただ視聴者の応援の気持ちを促すためにはやはりドラマがしっかりと面白くないといけないとも思う。それも脚本や演者だけじゃなく、脚本に説得力を持たせてドラマとの整合性に肉付けしていく考証、視聴者が何を望んでいるか割り出して的確な情報を流す広報、叩き記事が出てきたら意図を解説して演者をガードするプロデューサー、それぞれが意識を共有して各持ち場で能力を最大限に発揮しないとこういうことはできないだろうから、優れた人材と温かく応援してくれる視聴者に恵まれたこのドラマは本当に幸せだったと思う。徳川だって優れた人材を重用して天下を取ったんやで?

 

これからへの「不安」

ただ例年の傾向を思うに大河とは普通はこういう幸運に恵まれることはなく、どこからかボロボロと崩れていくものなのかなと思う内部からの横槍でどんどん瓦解していった豊臣のようにな!(ドヤァ)現時点ではまだ「大河は面白い」ではなく「真田丸は面白い」なんだけど来年以降もちゃんと面白ければまた気持ちが変化していくかもしれない…が、何となく後番組おんな城主直虎については大河ファンの反応がどうもよくなさげで不安だなあ。現在BSプレミアムでは朝ドラごちそうさんの再放送をやってくれてるので、同じ制作陣の直虎は3月までは様子見するつもりでいる。ただ反応があまちゃん終了&ごちそうさん開始時期の朝ドラファンの何か嫌な感じにそっくりで、何をやっても真田丸と比較してdisる人が続出するような予感がある。その時に良い反応がちゃんと来なかったら大河はまた元通りのサンドバッグに戻るんでしょうなあ。面白かったら反応してみるよ。面白かったらね。

おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー

youtu.be

【問題】どの高岩さんが本物でしょう?

【正解】高岩さんは分身できるので全員本物です。

私はこういう先輩ライダーが出てくる企画についてはオリキャスでなければガッカリという感覚はありません。現行ライダー(本作で言うとゴースト・エグゼイド及び両作品登場のサブライダーたち)をカッコよく見せてくれたら先輩たちはガワでいいくらいの気持ち。*1なので本作においてもあくまでゴースト・エグゼイドの映画として観ようという気持ちでおりました。実際に観ると「それはそれとして坂本監督の演出で超絶アクションを披露する紘汰さんは観たかったなあ」とは思いましたねえ。(ワガママか)こう、最高の素材を最高の料理人が仕上げたディナーを食べたかった的な?ライダーじゃなくとも坂本監督と佐野岳くんのタッグはちょっと観てみたいな。映画は燃えとサービスを尽くしていて面白かったです。

 

*1:そういう思考に至るまでに自分の推し役者を罵倒する声を私がどれだけ見てきたかと察して頂けたら幸い

続きを読む

真田丸★ウォーズ〜謀略先生の半年戦争〜

‪\フッフッフー/ \フッフッフー/

有働アナ「この物語はある乱世の荒廃に戦いを挑んだ熱血武将たちの記録である。戦国時代の最後において全く無名の牢人チームが荒廃の中から健全な精神を培い、わずか半年で全国優勝を成し遂げた奇跡を通じてその原動力となった信頼と愛を余すところなくドラマ化したものである」(歴史変わっとる)‬

\フッフッフー/ \アーアー/

泣き虫先生の7年戦争 スクール・ウォーズ(1) [DVD]

泣き虫先生の7年戦争 スクール・ウォーズ(1) [DVD]

 

 f:id:asanem800:20161203081407j:image

見事に年齢暴きの罠であったおのれ真田の策か。(そしてルーキーズは観たことないんだ…)

しかしドラマを観てる分には何となくまだ望みがありそうな気がしてくるけど、冷静になって考えてみると「上は縁故登用であまり政治センスもなく、現場で働くのは非正規雇用の牢人たちな豊臣」VS「優秀な人材を多数引き入れ、アフターフォローも万全で誰か一人欠けても補えるほど層が厚い徳川」の戦いであり…どっちが勝つのかは誰の目にも明らか…つらい…(´;ω;`)ブワッっていうかこれ日曜劇場のサラリーマンものでしたっけ?

www.nhk.or.jp

今回ちょっと思ったのは、ドラマの上で誰かが足を引っ張ってしまうのはよくあることだけどそれで感想を言うにしても責めるなら役者さんの名前ではなく役名で言おうよってことであったり、あとあまり強い言葉で罵倒する言い方はどうかなーということであったり。放送時のTwitterのTLで「ババア死なねえかな」って流れてきてぎょっとなりましたの。大蔵卿局は信繁視点のこのドラマにおいてはそりゃあ余計なことしかしない人だけど本人はお茶々様をお守りしたい、悪いものから遠ざけたいって思ってるだけ、要は身の回りにもよくいる周りが見えないおばちゃんなんだよなー。そんな人が権力の中枢に居座っちゃってるのが悲劇なんだけど豊臣家をそういう場所にしちゃったのは太閤秀吉だから。真田丸における災厄はだいたい誰か特定の悪い奴がいるんじゃなくてみんなが少しずつ悪いって感じになってるのが非常に現代的だと思っております。真田丸が飛ばないまま潰された真田丸(わけのわからない言い方)ももうすぐ最終回。果たして信繁は増殖して家康の首を飛ばすことができるのか⁉(えっ)

togetter.com

真田幸村の謀略 [DVD]

真田幸村の謀略 [DVD]

 

夏ごろから妙にざわついててもう気になって気になってwwでも今観ると大河の方で「何でこの真田丸は飛ばないんだよー(・3・)」とか理不尽なクレームをつけてしまいそうなので終わったら観たいなww