浅羽ネムの長いひとりごと

思いついたことを書いたり描いたりしてるブログ。あくまで主体がTwitterなのでコメント欄なし。のんびりやります。

S-最後の警官-8話初見&再視聴

初見感想↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・

f:id:asanem800:20140804161640j:plain

メガネ!メガネ!ヒャッハーーーーーー!!!

今回これで感想を終了させようかと思ったのをさすがに思いとどまる。

私は腐ってはいないと思うんだけどどうにも係長が速田さんと優子さんの仲を嫉妬して捜査を混乱させたような感が。というか、SATやSITが出張る割に小さな事件だなー…。特撮でも派手な戦闘があるのはだいたい1、2話に集中するといったやつかしら…。

まあそれはそれとして次回テロリスト帰還!バンザーイ!長かった本当に長かったよ!干上がるかと思ったよ(/ _ ; )

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 おお何という事でしょう文字数がどんどん減っていくではありませんか。あまりに短いので当時のCMネタもつけましょう。

f:id:asanem800:20140804170059j:plain


オダギリジョー CM YJFX!(ワイジェイFX)デビュー - YouTube

↑元ネタ。

f:id:asanem800:20140804182041j:plain
 原作の当係長の方がもっと速田さんに執着していたと知った時にはどんな顔すればいいかわからなかったわ…。そして再視聴したらやっぱり速田さん・優子さん・当係長の三角関係にしか見えないぞどういうことだ。最後きちんと謝罪があってよかったε-(´∀`; )(私の心の中では謝りながら歯ぎしりしてることになってますが)しかし身代金の金額に秘められたメッセージ()はテレ朝水曜9時あたりがやることであってこのドラマに求められてることじゃないと思う。(でもほぼ原作通りなんだよな)何より、それまで視聴者が全く知らなかった人物が真犯人っていったい…。
 この回は制圧法について非常に深刻な感じで話していますが、あれ機動刑事ジバン対バイオロン法ですよねと考えてしまってシリアスになりきれない自分はもうダメかもしれないil||li il||li _| ̄|○ il||li il||li
  • 機動刑事ジバンとは1989年~90年のテレ朝日曜8時に放送されていた特撮ヒーロー番組
  • ものすごくざっくりと、特オタでない方々にもわかりやすいように説明すると「ニチアサでやるロボコップ」といったところかな
  • 主人公は敵対組織バイオロンを取り締まる権限を持っていて、それが対バイオロン法。まあ、取り締まりっていうか…ねえ…(ーー;)というわけで、どんな法律なのか一部を記述してみましょう。(他の情報はこちらのwikiをどうぞ)
  • 第1条 機動刑事ジバンはいかなる場合でも令状なしに犯人を逮捕することができる
  • 第2条 機動刑事ジバンは相手がバイオロンと認めた場合、自らの判断で犯人を処罰することができる
  • 第2条補足 場合によっては抹殺することも許される
  • 第9条 機動刑事ジバンはあらゆる生命体の平和を破壊する者を自らの判断で抹殺することができる
ぶっそうってレベルじゃないわ。

この番組の放送当時にあのM事件が発覚したことでかなりまずいことになったのはまた別の話。
…Sは私の特オタ知識が試されてる気がするが何故なんだ。そもそもこんなに長々と書く必要がどこに。
機動刑事ジバン Vol.1 [DVD]

機動刑事ジバン Vol.1 [DVD]

 

 まあ警察力がどうなるにしろ、力の矛先が間違ってましたてへぺろ☆なんてことはあっちゃいけない話よね…ってことでいいのかな?(突然Sの話に戻る)

f:id:asanem800:20140810152919j:plain
 正木様はこの回の前後で入国してると思われ、やっぱりどこかでNPS・SATのデータを見直したり、一號をどう挑発するか、蘇我をどう煽って自分を撃たせるのか考えてたのかなあ。基本的に私は正木様が助かるルートは原作を読む前から考えたことすらなく、むしろ美しく散って欲しいと思ってますが、その辺の心境を想像すると心がきゅーんとなるんだなあ。
 うん…あの今回蘇我が一號を認めたわけでもないけど以前ほど頭ごなしに否定しなくなる程度には丸くなってるけど、そこにキャーキャー言わない辺りで私のこのドラマに対する姿勢については察していただきたく…あっでも劇場版にはまじめに付き合いますから…。
S-最後の警官- ディレクターズカット版 Blu-ray BOX

S-最後の警官- ディレクターズカット版 Blu-ray BOX