浅羽ネムの長いひとりごと

思いついたことを書いたり描いたりしてるブログ。あくまで主体がTwitterなのでコメント欄なし。のんびりやります。

S-最後の警官-最終回(???)初見&再視聴

初見感想↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・

f:id:asanem800:20140804162402j:plain

ピアノの曲が革命だったり、「ヒーローは悲劇的」と言ったり、最後は殴り合いだったり、何なの私を泣かす気なの?※主人公誰だと思ってる
美しかったねえ、実に美しかったねえ…。何かもうこれがこの回だけでなくドラマ全体の感想でいいんじゃないかな…。何となく他の演者さんオタの皆さんの感想もこんな感じな気がしてる。あやのん綺麗だったとかガッキーかわいかったとか。ドラマとして物語としては問題があるかもしれないけど別にそれでもいいかなと思っている私は去年の大河で疲れ切ってるんだろうな。何かを求めることが怖くなってる。
そしてきっと劇場版もこんな感じだと思ってるけど案外あの大味な作風はスクリーンの方が似合うのかもね。問題は2015年公開って視聴者は残酷なほどに忘れる生き物なのよ…。そのメディアミックスはちょっと下手すぎないか。やる前には再放送はもちろん総集編、SPドラマはやってほしいな。※観るかどうかは正木様次第
正木様はいいキャラだし、劇場版への繋ぎにでもなればいいなということで思いついた時にはS絵を細々と継続できたらいいな。ネタがあるといいな。ところですっかり気が緩んでツイートに特撮ネタをぶっこみまくってしまったけど、私は2005〜6年の辺りで特撮を降りた身で、去年ちょっとスパヒロに立ち寄ったというだけなのです。特撮を愛していけるとは、まだ言い切れない。きっと距離をおいた関わり方しかもうできないと思う。だから突然離れることがあったとしてもそこはご了承ください。リフォロー、ブロックご自由に。
最後にこれだけは言っておこう。「やはり劇場版に続いてしまった!おのれディケイドォオオオオオ!」(お約束)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 微妙に文章にやる気がないのはライダー大戦映画のさまざまな噴き上がりに落ち込んでいたため。結局特撮への関わり方はちょっとニチアサに立ち寄る程度にしておこうと思ってる。ライダー大戦映画は「板尾さんがいい仕事をした」と聞いたのでそこの確認のために観るつもり。

f:id:asanem800:20140804182725j:plain
   ハゲの声明は放送して正木様の声明を放送しないとは何事だと憤りの余りこんなものを。
    テロリストに出入りされる店はせめて事件が落ち着くまではお客さんのためにも休業してもらいたいものだけどそもそも一號の顔が割れても特に対策を取ってないみたいだしな…。(野暮)
    正木様は実に美しいなあ。それにしても何で声明は常にハゲなんだろうwwどんだけお気に入りなんだ。あっでも劇場版が原作通りなら…(/ _ ; )(ネタバレ防止につき言わない)本放送当時は「あの正木」と言われるほど極悪非道なことしてたかのう…と思ってたけど1話を観たらああいう連中に武器を持たせたことね⁉︎と理解。(遅い)でも一番罪深いのはやっぱりあの美しさじゃないですかね?※真顔
f:id:asanem800:20140812223632j:plain
    本放送→原作→再視聴と確認したわけだけど、原作の正木アニキにしろドラマの正木様にしろヒーローになりたかった人なんだろうなと思っている。理想を求め続けているうちに真逆の道に来てしまったのだと。暗闇に堕ちそうでギリギリのところで留まっている蘇我を見る悲しげな目。青臭いことばかり言う一號を蔑む目。そんな人を演じるのが元ヒーローの人っていうのが面白いなと思う。※原作とのビジュアルの違いを全力で擁護
    あのですね…あの状況で撃てないと言う一號はニチアサ的世界観なら正しいと思うんですね…でもそれは一號がニチアサのヒーロー並の能力を持ってないと釣り合わないと思うんですね…。変身したりビーム撃てたり手が伸びたりするレベルの。目の前の敵は今にも発砲しようとしてるんですから。まあ正木様も蘇我は」殺す気がなさそうだけど。
    霧山先生が正木様の生死がわからずに消沈しているのは、計画が失敗したからなのか、本当に心配なのか。まさかあんなに落ち込むと思わなくて驚いてる。それは正木圭吾にとってある種の救いなんだろうか。推しキャラが幸せになることをハッピーエンドと呼ぶのなら、私にとってはもう最初からバッドエンドが決まってるんですね。助かってほしいわけではないのだけど、その運命を誰か一人だけでも悲しんでほしい、共感してほしいとは思うんですね。そして原作通りならそれは「一號」(←反転)なんだけど、実写版のこの状態のままだと厳しいんですね…。どうにもふわふわした人に見えているから。
 
    さてこれで再視聴終了。劇場版はどうなるんだろうな。正直言って、原作のままの映像化はできないんじゃないかと思ってる。一番のネックは正木圭吾の演説の内容。あのままだと絶対に角が立つ。そう遅くないうちに地上波放送されるだろうと思うとなおさら。だけどね、内容が多少は変えられるかもしれないけど、熱い演説で国民を惹きつける正木圭吾、いやオダギリジョーはすごく見たい。原作とはまた違う、気高い孤高のテロリストになるなんじゃないかな。まあそれと…正木様に付き添うジャーナリスト、原作物の映像化にありがちだけど女体化される可能性が。(個人の見解です)それと実は重要キャラのハゲ、ドラマ最終回で捕まってるんだよなー…。脱走するのかねえ?そもそも公開時期は来年のいつなんだ。もう今年8月半ばよ…?
    こんなに長々書いてしまいましたが、麗しのテロリストをすごく楽しみにはしています。こんなダラーっとした感想にお付き合い頂きありがとうございましたm(_ _)mそれでは最後にお約束のご挨拶
「おのれディケイドォオオオオ!!!!」
※アレとかソレとかと決定的に違うのはスッキリ終わるのは確実なことだ!(ちょ
S-最後の警官- ディレクターズカット版 Blu-ray BOX

S-最後の警官- ディレクターズカット版 Blu-ray BOX