浅羽ネムの長いひとりごと

思いついたことを書いたり描いたりしてるブログ。あくまで主体がTwitterなのでコメント欄なし。のんびりやります。

ひっそりと鎧武について書いてみる

 前にも振り返り感想を書いてますが今週が事実上の最終回という事であれからの続きみたいなものを残しておきます。ただし、私は8年ぶりにニチアサを再び観るようになった立場でしてこの枠の常連さん達とは多少見解が違うかもしれません。そして結局この番組については大好きとも大嫌いとも言いにくい、何とも割り切れない感情が残ったままになっています。だから鎧武が大好き!という方は以下の感想を読まない方がいいのではと思っています。

仮面ライダー鎧武/ガイム 第十二巻<完> [DVD]

仮面ライダー鎧武/ガイム 第十二巻<完> [DVD]

 

 

  そこまで詳しく調べたというわけでもないのですが、平成2期はあまり暗い展開にならないことが多く、1期に親しんだ方々にとってはそこが物足りないという意見も多かったと聞きます。鎧武がこうなったのは、そんな意見を反映したということなんでしょうか?もしかしたら私は巡り合わせが悪かったのかもしれません。観ていてだんだん理解したのですが、私はもともとライダーバトル自体が好みに合わないみたいです。それは「ヒーロー同士が戦うなんてー!」みたいなことではなく、もめる原因がほとんど「おまえら本人同士で話し合えばすぐに解決するだろ…」ということばかりで、ワンクールくらいのドラマではそれで話がもつけどそれを延々と1年も…ってのがきつい。離脱せずにそのまま1期2期と付き合って、2期ぬるーい1期の殺伐さが懐かしい―みたいな気持ちを持てていたら、鎧武に違った感情があったのかも。

仮面ライダー龍騎 Blu-ray BOX 1

仮面ライダー龍騎 Blu-ray BOX 1

 

  だけど龍騎は好きでした。ただ、その「好き」は「13人でバトルロワイヤル」とか「劇場版で先行最終回」とか「あえてシリーズの鬼っ子になる道を選ぶんだ…」みたいな攻めの姿勢を面白がっていたところが大きいのかもしれない。

仮面ライダー555(ファイズ) Blu-ray BOX1

仮面ライダー555(ファイズ) Blu-ray BOX1

 

  自分にとってライダーバトルそのものは「正解」ではなかったことに気づいたのが555。良キャラだけど草加つらい。思うに、いい人がちゃんと機能できている話の方が私には合っていて、いわゆる「鬱展開」は一度なら観られるけど続けては観られないようです。

  ミッチが堕ちるたびに、そして誰かが命を落とすたびに「○○(平成1期の過去作タイトルを入れよう)のあれみたい」とか「まどマギのこれみたい」とか「そもそもまどマギ龍騎にインスパイアされて云々」とかいう意見がまさにループしていくたびにずっとモヤモヤしていました。私が観たいのは過去シリーズに似ている何かじゃない、仮面ライダーまどかでもない、仮面ライダー鎧武なんだ。世の中にある物語は全て過去の物語にインスパイアされているものなのだとしても、鎧武はあまりにも主張しすぎているように思えました。そういう見せ場の「点」の表現に力を注ぐあまりに点と点をつなぐ「線」が歪にさえ見えるほどに。

 紘汰さんがサガラからやたらと目をかけられ、強いロックシードを次々ともらうのはオルタナティブ舞さんの行動が原因だとわかったのは本当にラス前で、「そういうことなんだー」と納得はするものの、そこに行くまでになかなか勝てない戒斗さんとか、たいしたロックシードも手に入れられないまま嵌められて暴走して果実を食べてしまった初瀬ちゃんとか見ているから「紘汰さん…あなたが強くなってる陰で他人が苦しんでいることにはよ気づいて…」という感情が積み上がってしまっていて、同情の気持ちまで湧きにくいというのが正直なところでした。初期はまさしく子供の遊びだったインベスゲームで初級のかわいいインベスの中にでかいのを突っ込んだり、自分で変身して入ってきちゃう子だったんですよね。そんな自分勝手な子供が傷ついたり傷つけられたりで大人のヒーローに成長する流れならそれは構わない。でもそれじゃ1話冒頭の五代オマージュは何だという事になる。あれは優しい大人として出来上がってることが前提のシーンだ。結局、私が鎧武でモヤモヤしていることの最大の原因はこれなんだと思います。

仮面ライダーディケイド VOL.1 [DVD]

仮面ライダーディケイド VOL.1 [DVD]

 

 ディケイド3話で士くんがユウスケに言った「俺がこいつの笑顔を守る」には泣いて、「ああこの作品は信頼できる」と思ったから別にクウガの踏襲が何もかも嫌ではないことは述べておきます。(後半とオールライダーからは全力で目をそらす)

 それでも各キャラクターは本当に見ていて面白かったのです。強さ弱さとか、正義や悪とかそんな壮大なテーマからはかなり逸れた見方をしていたような気はしますが。なんだかんだでプロフェッサー戦極凌馬は楽しい男でした。変態!wwwそしてひそかに「今週死ぬんじゃないかな…」と毎週思いながら観ていたザックさんが生き残って良かったです(´Д⊂ヽ初期とあまりにも人格が違うので私の中では「パチンコでチーム鎧武を妨害したりしてた戒斗さんの腰巾着のザックはダンスイベント直前に死んで、今いる僕らの頼れる仲間ザックさんは2号」という脳内設定ができていますwww

 モヤモヤするところも少なくなかったけど、こうして1年間付き合えたので、嫌ってはいないのだろうなとは思います。ただ、改めてライダーバトルは合わないことがわかったので、以降のシリーズでまたこういう展開になった場合は離脱の可能性を考えることになるでしょう。それでもドライブは穏やかに楽しめそうな雰囲気だし、今スーパーヒーロータイムを観ているのはある目的を持っているからなので2015年いっぱいは付き合うことになりそうですが。


仮面ライダードライブ 予告 Kamen Rider Drive Trailer (HD) - YouTube

 虚淵さんについていく形でアニメファンの方々も鎧武を観ていたようで、続けてドライブも観てくれたらうれしいけど

  • ちびっ子の「面白い」とアニメファンのそれは全く異なる
  • ニチアサは基本的には前者を優先する枠である
  • 自分が面白いと思えなくてもそれは「合わない」だけであって、作品が低品質という事ではない
  • その上で継続と離脱はご自由に

ということはちょっと書いておきます。Twitterでタグを覗いただけですが、ちょっとそこを心配しています。