浅羽ネムの長いひとりごと

思いついたことを書いたり描いたりしてるブログ。あくまで主体がTwitterなのでコメント欄なし。のんびりやります。

烈車戦隊トッキュウジャー最終回&仮面ライダードライブ

・トッキュウジャー、終わりました

感想は書いていなかったけどトッキュウジャーも毎週楽しんでおりました。確か戦隊はボウケンジャー(’06年)までは観てたんじゃなかったかな。

思えばメインライターが小林靖子さんということで、始まる前からTLがうわあ絶対鬱展開だわあとなっていたんだけど、その時は「はて靖子にゃん脚本ってそんなに鬱だったっけ…?」と首を傾げておりまして。私が覚えがあるのがギンガマン(’98年)、タイムレンジャー(’00年)とかなので知識が古いんだなこれは。あー仮面ライダー龍騎(’02年)か…龍騎は確かにねえ…。

実際にトッキュウを視聴すると、1話からいきなり「君たちは死んでるようなものですから」と言い出されるという(´Д⊂ヽあの当時は鎧武が初瀬ちゃんのインベス化とかインベスが人間だったとか鬱まっしぐらでどうすんだよ日曜朝のこの1時間せめて戦隊は明るくやってくれよと慌てたけど、それから特に話が重苦しくなることはなく、でもシャドーライン側は絶賛昼ドラ放送中というwwグリッタちゃんマジヒロイン。

初めから「この5人が見た目の割に行動がやけに幼いけど本当は子供なんじゃ…」とはよく言われていて、それでもみんなほのぼのとかわいかったし、死に場所芸人明くんも愉快だしでそんな危惧を忘れていたころに5人が本当は10歳の子供だと明らかになるというorz何ちう突き落としやねん。

鎧武とのコラボ回であの子らインベスと戦ってたけどあれやってよかったんだろうか…。(倒してはいなかったはずだからギリギリでOKかもしれない)

真相がこれなので、レインボーラインとシャドーラインとの戦いよりもこの子らが元の子供に戻れるのかの方が気になってしまったのは大人の見方なのだろうな。「きっと来年はニンニンジャーVSトッキュウジャーの映画やるでしょう…?この子たち戻れないんじゃないですかね…」などとメタとゲスが入り混じった落胆もしてたくらいなので何はなくともこの子たちが元に戻れて良かったです( ;∀;)イマジネーションの力は無限大。それとキラキラを求めながらも触れることができない宿命の闇の皇帝ゼットに最後に小さな救いがあって良かった。グリッタちゃんマジヒロイン。(大事なことなので2回言いました)

f:id:asanem800:20150215203021j:plain

 靖子にゃん脚本は鬱というよりは追い込みとリカバリが激しいということじゃないかと思いました。主人公を徹底的に追い詰めるけど乗り越えた時の達成感はその分大きい。途中「こんな子供たちに何てことさせるんだよぉ(´Д⊂ヽ」と思ったこともあったけど、突き落としだけで終わるわけでもなかったので満足感は高かったです。ありがとうございました。1年間お疲れ様でした!

ところでライトはまた烈車に乗るイマジネーションを見てるようだけど、具体的には6月のこれとか来年のニンニンVSトッキュウのことじゃないか?(こんなイマジネーションしか見えないから大人はダメなんだorz)

さて来週からはニンニンジャー。不測の事態で放送前から受難だったけど「ニンニンニンの忍者の日!2月22日スタート!」と転んでもただでは起きないその姿勢、嫌いじゃないぜ。がんばれー(=゚ω゚)ノ

 

仮面ライダードライブ「今日の放送時間は水曜9時と木曜8時のどちらなのか」

ゲンさん主役回で普通の刑事ドラマっぽくなってるので今週思うことはこれ↑に尽きるw後は今回登場のベテラン刑事さんには「ダディャーナザァーン!!オンドゥルルラギッタンディスカー!」の言葉を贈ろうとか、「俺のバイクを返しやがれ!」は剛くんに言われる筋合いはないというあたりかな。だけど剛くん、この枠で自分から正義を謳う奴はろくなことにならないと思うんだ。気をつけてね。

タグがニチアサなのにライダーの感想ばかり書いていたのがずっと気になっていたので、ニンニンは感想を書く機会を増やしたいなと思ってます。(毎週は厳しい)面白いといいな。