浅羽ネムの長いひとりごと

思いついたことを書いたり描いたりしてるブログ。あくまで主体がTwitterなのでコメント欄なし。のんびりやります。

新選組! 第二十九回 「長州を討て」

蛤御門の変の回なんだけど、印象に残るのは総司に迫る死の影だったり、使命よりも個人的感情を優先してしまう左之助だったり、そして捨助鞍馬天狗伝説の始まりだったりしたかもしれないww

f:id:asanem800:20171227221605j:plain

※爆破はされてないです。

前回意図せず桂さんを救っちゃったり今回象山先生暗殺を目撃したり久坂玄瑞に遺髪を託されたり、思わぬ形で次々と歴史の生き証人にw真田丸でのきりちゃんも同じポジションですねえ。主人公が立ち会えない箇所で自在に動いてくれる(ほぼ)オリキャラの特権。

(大河にはあまり立ち寄らないので他ではどうなってるのかはよく知らないのだけど)組!においては敵対する長州側もただ悪役とはされず彼らなりの正義を持っていると描かれているので策が尽き切腹するしかなくなった久坂の姿は物悲しく、しかも肝心の帝にはその思いは全く届いてなかった無情さ。…はあ、ここでの敗者としての姿は後の勇たちに返ってくるやつですね…。