浅羽ネムの長いひとりごと

思いついたことを書いたり描いたりしてるブログ。あくまで主体がTwitterなのでコメント欄なし。のんびりやります。

新選組! 第四十回 「平助の旅立ち」

伊東甲子太郎先生は時局がよく見えていて引き際も次に付くべき勢力もわかる人だよ!でも人の心をつかむのはあまり上手くない人だよ!騙す形で永倉・斎藤を引き入れようとして、でも一方で試衛館と伊東一派で板挟みになってる平助のことに全く気がついてないっていうな。加納さんの方が気づいてたっていうな。

もう無駄な血が流れずに済むならとあえて伊東の話を受け入れる勇の「伊東さんは見事に言いくるめてくれた」にちょっとプフッてなるww

f:id:asanem800:20180319214423j:image

平助は剣術の才に恵まれた総司が羨ましい。でも総司はこれからも生きて迷うことができる平助が羨ましい。平助自身は望んでいない、でも師のために旅立って行く。大好きな人たちに見送られて。

でも実はこの先、平助は総司よりも先に。