浅羽ネムの長いひとりごと

思いついたことを書いたり描いたりしてるブログ。あくまで主体がTwitterなのでコメント欄なし。のんびりやります。

電光超人グリッドマン、そしてSSSS.GRIDMANへ

2015年日本アニメ(ーター)見本市で短編が発表され「はい?」と思い、2017年にアニメ版の新作が制作されると発表され「はいい?」という気分でございました。そして実写版の配信も始まり、何か急にグリッドマンに光が当てられたみたいな戸惑いがあり。

25年ぶりにグリッドマンを観て思ったのは「あんなにライフラインの重要性を学ぶ番組だったとは当時気づかなかった」ってことでした。医療、物流、経済、電気、水道、教育…生活に深く関わっているコンピューターに異常が起きたら何も立ち行かなくなる。災害が各地で頻発する現代で観たからこその気づきですねー。*1 そんな生活密着型なSF(サイエンス・フィクション)とミイラが蘇ったり暴走掃除機が市民を襲ったりするSF(すこし・ふしぎ)が同じテンションで送り出される味わい。

f:id:asanem800:20181012213658j:image

当時も今も主人公たち3人よりむしろ武史くんとカーンデジファー様の方に肩入れしたくなる気分でした(ノ∀`)悪のドラえもんのび太ww武史くん心は歪んでしまってるけどゴミを捨てた人に注意したら逆襲されたりとか、心の奥では明るい人間になりたいと思っていたりとか、言ってることに一理はあるのよな。最終回で改心して真人間に戻るもののコミュ障な彼はやっていけるのだろうかとどこかで心配だったのでアニメ(ーター)見本市バージョンで安心した思いがあった。*2

世界を巡る戦いであっても常に日常の描写は欲しいというか、日常に潜む恐怖が好きなところがあるので生活と地続きなグリッドマンは結構好きですねえ。

gridman.net

www.youtube.com

そんなわけでアニメも始まってますよ。「アニメでやる特撮」ってのに注力してる戦闘シーンいいですねー。実写版の頃から「もしかしてグリッドマンは天然なのでは?」と思っていたけどアニメでそれは確信に変わりましたwwもしかしたらこの世界自体がコンピューターワールドの中なのではという疑惑を持ちながらも*3ワクワクと怖さを楽しんでおります。そして今作の武史枠・アカネちゃんですよ!ヤバすぎるよあの子!何だかんだで陰険な小心者なだけで良心はあった武史くんが微笑ましく見えるレベル。ボール遊びでパン(スペシャルドッグ)を潰された、ぶつかったのに謝らなかった、それは確かに悪いことだが怪獣を差し向けて殺させるほどのことなのか。そして「標的」が死んだら大はしゃぎする画の怖さ。ゴミがたまった自室。もしや最初に消したのは親なのでは。そんな子が表向きには人当たりが良く誰からも好かれる子を演じていること。彼女は誰からも好かれてるんじゃない!彼女を好きにならなかった人間はみんな消されたんだよ!!!エンディングはアカネちゃんと六花ちゃんが仲良くしてるけどあれはどう解釈したらいいんだろう。武史くんと同様に彼女にも救済があるのか、それとも「あり得た可能性」のイメージなのか。

ところでけだるげだけど人がいい六花ちゃん(ちっぱい・生脚)と闇ヒロインアカネちゃん(おっぱい・細脚)と正反対のWヒロイン体制で全方位型だなーと思ってたけど女性ウケはどうなるんだろうなーと思ってたらサムライ・キャリバーさん(猫背・ドジっ子・どもりがち剣士33歳)が萌えキャラと判明したので大丈夫そうです!というかあの黒服の人たちを今回の魔王様の手下だと思ってたんだけどまさかアシストウェポンだったとは。

SSSS.GRIDMAN 第1巻 [Blu-ray]
 

gridman.net

未放送地域でBSも配信にも入ってない人にも最終手段としてTV.erが1週遅れでやってくれるので目の前の板があれば大丈夫だから。*4

*1:1993年放送なのでまだ阪神大震災も発生していません

*2:なお私当時てれびくんを読んでおらず、放送終了後の雑誌展開やグリッドマンシグマのことを知ったのは今年です!情弱ってレベルじゃない!(ノ∀`)

*3:実写版ではグリッドマンが修復できるのはコンピューターワールド内で破壊された物だけで、現実世界で壊れた物は直せない

*4:よくTwitterでバズるアニメがあっても地方民でどうやって観られるのかよくわからずしょっちゅう諦めてた私としてはこの情報は送っておきたい