浅羽ネムの長いひとりごと

俺様は観たい時に観たいものを観る。

カムカムエヴリバディ最終週「2003-2025」(ひなた編9)

f:id:asanem800:20220403220844j:imageサブタイトルがこうだから「2003年から始まってサムライベースボール公開とかアニーの正体とか安子とるいの確執の落とし所とかをやって最後に2025年に飛ぶんだな!」と思って111.5話(木曜と金曜の間)としてこれを描いたんですよ。2022年老夫婦となったるいとジョーがディッパーマウスブルースでこのドラマを観るところから月曜日放送分が始まるなんて思わねえよ???どうも最終週は現在のヒロインたちを映してから本題に入る流れのようです。ひなたはキャスティングコーディネーターとなり世界中を飛び回り、NHK英語講座の講師となっている。

さて皆さん、ずっと「その特徴は安子やないか」「ほな安子ちゃうかあ」のミルクボーイ状態を繰り返してきましたがやっとアニー・ヒラカワが安子だと確定しました。

f:id:asanem800:20220405215604j:image紆余曲折あったけど100年のファミリーストーリーの完結として大団円になると思っていた時期が私にもありました。

f:id:asanem800:20220406204442j:plain安子wwwwwあんた自分勝手すぎるwwwww

いやこれまで散りばめられてきた布石の回収はわかるんですよ、でも情報開示の仕方が斜め上すぎて感動よりも笑いの方が大きいんですけどどんな顔したらいいんでしょ。日系アメリカ人と思っていたゲストが突然日本語を喋り出した上に経歴詐称発覚で謎の呪文まで唱え始めた状況、大月家と何の縁もないスタッフもリスナーも大混乱でしょこれ。伝説の放送事故として2chとかニコ動でいじられてほしいっすね。思えば萌音ちゃんのヒロイン力でだいぶごまかされてきたけど安子昔からバグると自己完結して突っ走ってしまうところがあったわ。その後岡山の商店街から岡山城まで5キロの距離を爆走する老女(78)wwあまりの健脚になかなか追いつけない孫ひなた(38)www

いやTwitter大荒れっぽいんですが、少なくとも私は怒ってはいないんですよ。むしろ「クッソ笑ってる」の方が近い。ただ公式がこれを感動としたいらしいことに意識の乖離を感じて少し不安にはなってる。

えー、私は大変めんどくさい精神を持ってまして、「泣ける!」「感動!」みたいなのを押し出されると引いてしまうことが多いです。むしろそういう売りをしない作品からの不意打ちで涙したりする。そんな私は放送事故とか爆走老女とか想定外のオモシロが発生してうっかり笑ってしまい、逆に距離を置いた目線になって「間違えまくった親子だったけど、ものすごい回り道だったけど再会できてよかったなあ」と素直に思えました。別に泣ければ勝ち泣けなければ負けってもんでもないしな!まあ公式は大号泣してほしいみたいなのでやはり自分は朝ドラのターゲット外なのだなとは思う。

f:id:asanem800:20220407210846j:plain

そして最終回、「レッスン112」と言われることで実はこのドラマがひなたによるラジオ英語講座だったことが発覚。ΩΩ Ω\ナ、ナンダッテー!?/

最後は全ての登場人物に幸せな未来が来たことが描かれ、堂々の大団円でありました。

f:id:asanem800:20220408195536j:plain

(そうではない)

さてカムカム、毎回ハチャメチャに面白かったけど誰もが納得する名作なのかというと正直割と疑問があります。「言うほどラジオ英会話が軸じゃないよね…?」とか「NHKの偉い人によるラジオ英会話の話を作ってというオーダーに対してジャズを取り入れたいPと時代劇をやりたい脚本家とエモーショナル演出をやりたいチーフ監督の意向が多重衝突事故を起こしてなかった?」とか「ラストに向かう展開において超展開がなかった?(昭和時代の稔さんの辞書で英語を学ぶ平成のひなたとか、急にシンガー設定が生えるるいとか)」「阪神大震災スルーでノストラダムスの大予言には怯えるのにはびっくりしちゃったよ」とか「安子とるいの和解がメインになってひなたの物語が割を食ってなかった?」とか所々うん?ううん?と引っかかるところはあった。だけど失敗を繰り返しながらもひなたの道を歩くことを願う人々の道程は非常にハラハラするもので、毎回スリリングで面白かったです。言うたらカムカムは★5をつける人と★1をつける人でパッキリと分かれて平均すると★3くらいの評価が出る破天荒作なんじゃないかなと。だけどほぼ毎日観る朝ドラという枠で何が起こるんだろうと気を持たせていくことすごく大事。そしてその道程が綺麗とは言えなくとも歩いた足跡はきっと素敵な模様となる。まるで人生のように。(うまいこと言ったったみたいな顔をしている)未来に希望を持たせるドラマはやはり良い。5ヶ月間ありがとうございました。お疲れ様でした。

ここからはジョーについて。何よりもオダギリジョーが週刊誌にまともに褒められてる…だと…???」というのがあまりに衝撃的で。八重の桜の時めちゃくちゃ酷かったしフェイクニュースを鵜呑みにした視聴者がいらないとか消えろとか騒ぐのがしんどくて、今でも大河クラスタのことが怖いくらいなので。

  • 王子様なジョー
  • ポンコツなジョー
  • トランペットを吹く時はカッコいいジョー
  • 戦災孤児だった過去の記憶にもの憂げなジョー
  • 闇堕ちジョー
  • 全ての気力を失うジョー
  • 立ち直ったものの欠落を残したままのジョー
  • ポンコツだけどひなたと桃太郎の良い父親なジョー
  • インチキおじさんジョー
  • ピアニストジョー
  • ロマンスグレージョー

1作品なのにオダギリジョーよくばりセットだったなあ。八重の時いろいろ悔しい思いがあったので信頼してくれることが何より嬉しかったですねえ。1作品で相手役と父親役をやったのでたぶんオダギリさんの朝ドラ出演はこれが最初で最後だと思うのですが、視聴者の良い記憶に残るキャラになったと思っております。こちらもありがとうございました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 【公式】オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ (@nhk_oliver)

www.instagram.com

そろそろオリバーの進捗状況を知りたいな!