浅羽ネムの長いひとりごと

俺様は観たい時に観たいものを観る。

ウルトラマンデッカー〜君が望むなら子孫は強く応えてくれるのだ〜

マルゥルパイセン、カナタがデッカーなことに気づいてた。前に誤解してて申し訳なかった。

「アサカゲ博士、オープニング最後の集合カットにいないしツブイマスピンオフにも出ないみたいだしもしかして敵になるんか?」とは思っていたし、

みんな当然テラフェイザーくんは暴走すると思ってたよな!?予想は当たったのに想定外のことが次々とお出しされて混乱してるよ!?

      • アサカゲ博士が裏切る(想定内)
      • テラフェイザーが奪われる(想定内)
      • 突然謎のおっさんが現れる(え?)
      • おっさんとアサカゲ博士の間には因縁があるらしい(え??)
      • おっさんデッカーに変身(え????????)
      • 何かカナタのデッカーより戦闘が上手いけどこんなやさぐれおっさんをちびっ子のヒーローにするわけには(それはそう)

f:id:asanem800:20221017203456j:image

おっさんはセワシくんだった…?

たぶん私だけでなく多くの人が予想してたのではって気がするのだけど、「スフィアによってHANEジローさんごとハックされてテラフェイザー暴走、カナタの助けたいという思いが作用して\ウルタァマンデッカーダイナミックタイプ!/となる」って思ってたんですよ。なのでかなり斜め上なことが次々と起こって混乱しております。

未来での宇宙進出で地球人はスフィアと遭遇、多くの宇宙人たちと協力しながら戦ってはいるがおそらくその過程でバズド星が滅亡寸前、アサカゲ博士=アガムスにとって大事な人のレリアも犠牲になったと思われ、自暴自棄になったアガムスがデッカーも地球も滅ぼそうとしていると。ただテラフェイザー、スフィアにも有効だよな…?ここにアガムスが気づく時は来るのか、それは彼を倒すのではなく救う鍵になるのかはまだ先のこと。それを考えると8話(デッカー&トリガー&カルミラ共闘)、最終回に向けた布石なのかもしれないね。

これまでわけもわからないまま目の前のやるべきことをやっていたカナタに初めて「今の自分たちの世界を守りたい」というビジョンのようなものができた。その具現化としてのパワーアップタイプ。とはいえカナタって今までそれを言語化できていなかっただけで、ずっと考えていたことだとは思うんですよね。

まあとにかくこれまで実直に誠実に王道ウルトラマンをやってきただけにこのどんでん返しはただただびっくり。この先の後半戦ではどのような畳み掛けを起こしていくのか楽しみでございます。