浅羽ネムの長いひとりごと

誰かの言葉に乗っかるのではなく自分の言葉を紡ぎたい。

君とゆきて咲く〜新選組青春録〜 第4話「顔を上げておくれ お前が側にいてくれるだけで私の心は温かい」

前回感想で「この話にそのサブタイトル合ってる?」って書いたら新之丞のセリフを丸ごとサブタイトルにしてきたぞ。

さて屯所を飛び出し行く宛もなく彷徨う新之丞、会津藩御用達商人鵺野の手の者に捕まってしまいました。というわけで助けに向かう丘十郎&南無之介と後から来た大作とならず者が大立ち回り。今のところ新之丞の立ち位置って「姫様」だな…。

Q:ところで何で鵺野は新之丞を捕まえるの?

A:前回サラッと「どんな美しい女よりもあの者は良かった」みたいなことを言ってたのでまあそのつまりそういう感じです…時代が時代だったら本当に手篭めにされて新之丞自害、3人が仇討ちに向かったり晴らせぬ恨みを晴らす裏稼業の人が出てくる流れもあったかもしれない。*1

f:id:asanem800:20240516202620j:image

新之丞が思いの外あっさりと解放されて若者たちは喜び合うが実はそれは頭取・芹沢鴨が裏で鵺野を脅していたからだった。何か面白いキャラ造形ですなあこの芹沢。組!での佐藤浩市さん演じる芹沢とも違い、実は原作とも全然違う傾奇者。ただ真っ直ぐだけどまだ力のない若者たちとは違いダーティなやり方だけど松平容保様への御目通りが叶うという結果は出してるわけで。組!とはまた別路線で壬生浪士組新選組へと成長させる存在なのかもしれんね。


www.youtube.com

次回、剣舞!…ってこれ↑じゃないの???

asanem800.hatenablog.com

今回の時期は組!でいうとこの辺ですかねえ。

*1:「それ必殺シリーズじゃねえか!今年とある事情でなし崩しに終了したようだしいろんな意味でカドが立つよ!」という思いと「このシン・時代劇の枠を続けていくなら東映だししれっと影同心をやれませんか?」という思いがあります。