浅羽ネムの長いひとりごと

誰かの言葉に乗っかるのではなく自分の言葉を紡ぎたい。

君とゆきて咲く〜新選組青春録〜第7話「涙の告白」

涙は流れてても告白はしてなくない???

松平容保様から京の警護を任されたよ!これから倒幕派の動きも激しくなるのでより精進が必要になるよ!…という状況の中芹沢の命令で水戸藩別邸の修繕に駆り出される大作・丘十郎・新之丞・南無之介。まだ未熟な彼らには剣の稽古をつけさせるべきなのにと土方は憤る。壬生浪士組(一応まだこの名前だよな?)の内部に不穏な影が漂っていた。

f:id:asanem800:20240606194404j:image

おそらく芹沢は会津だけでなく自分のところの水戸との繋がりを強くして守りを固めつつ長州の動きを見張っていると思うんだがいかんせんやることが脅しやら金遣いの荒さやら遊郭出入りやらなので「(多摩の百姓出身だからこそ)武士らしくあろうとしている」土方にはその行動の意図がわからず気に障っている。これ先々のことを考えると「最も隊のことを思ってくれていた人を排除したことが崩壊を呼ぶ」って流れなのかな。ごん、おまえだったのか。

さて先週の感想で「長州の間者、大作はミスリードで本当は別の人物なのでは」と書いたけどそう思ったのは新人隊士で大作たちとは同じ立場なはずの渋皮喜平があまりにドラマ上の役割がなさすぎるように見えてたからなんだけど、今週分を観たところ彼はこれから巻き込まれていく感じ?私はただアホ晒しただけかもしれない(ノ∀`)

asanem800.hatenablog.com

今回は組!でいうとたぶんここかな。