浅羽ネムの長いひとりごと

誰かの言葉に乗っかるのではなく自分の言葉を紡ぎたい。

君とゆきて咲く〜新選組青春録〜第9話「切り捨てられた愛」

f:id:asanem800:20240620070433j:image

何が正しかったのか、何が間違っていたのか、歴史の流れを知る視聴者には土方の考える正しさは武家社会に縛られたものでそう遠くないうちに時代遅れになることがわかるし、尊王攘夷派にも取り入ろうとしていた芹沢は時代の先を見据えて夷狄からの攻撃が来ることも視野に入れていたのではないか?という気もするものの押し込み強盗みたいな真似をすればそりゃあ会津からの心象は悪くなる。ぶつかり合い、負けた方が排除されることは必然でありながらも勝ち残った方が歩む「誠の道」とは仲間の屍の上にある血塗られた道である。そしてもう引き返すことはできない。彼らはこの先もこんな形で進んでいくしかない。芹沢粛正の場に山南さんがいなかったのは象徴的だったなー…。


www.youtube.com

踊ってる場合じゃねえ!!!(2回目)新選組ってこの先こんなことがずっと続くんだけどこのエンディングそのままやるの???これ回が進むたびに「かつては確かにあったもう戻らない日々」感が出てこない???

asanem800.hatenablog.com

今回は組!でいうともちろんここ。6話感想では先走りしてすみませんでした!

ドラマオリジナル展開が続いていくうちに芹沢粛正まで行ったので「八重の章」のところを読んだ。仇討ちのために新選組に入った丘十郎がある人物の仇になってしまう重い展開になってるのだけどここドラマでもやるんだろうか?あと芹沢が力士を斬った事件が出たり与力内山彦次郎が登場してきたりで「ここ組!でやったところだ!」という進研ゼミ感があった。