浅羽ネムの長いひとりごと

思いついたことを書いたり描いたりしてるブログ。あくまで主体がTwitterなのでコメント欄なし。のんびりやります。

新選組! 第三十八回 「ある隊士の切腹」

f:id:asanem800:20180311210917j:image

これまで何度か脱ぐシーンもあった斎藤だけど、全49話の中で一番エロい彼は今回冒頭のここだと私は思っている。(異論は認める)闇の世界に生きてたくさんの人を斬ってきた彼が自分を大切に思ってくれる人たちを見つけ、その剣を仲間のために使おうと決めていたのにいつしか仲間を斬ることも増えてしまったことでの苦しみ。ええ、エロとは生につながるものですからそこにはドラマが必要なんですよ!ただ脱がれるだけでは面白くないのですよ!(`・ω・´)※お前は何を言ってるんだ。

うっかり自分の性癖を少し晒してしまったことは忘却の彼方に置いてもらうことにして、今回はサブタイトルの通り河合耆三郎切腹回。何も悪くない隊士が様々なすれ違いの末に切腹することになってしまい、仲間たちが何とか回避させようと駆けずり回るところは33話(山南切腹)と同じだけど決定的に違うのは今回は切腹する本人も受け入れていないこと。一向に来ない飛脚を待ってやつれていき、しまいには幻聴を聞くほどに。

33話で思うのは「悲しい」「だけど山南さん自身は受け止めているからこちらは見届けるしかない」ってところだけど今回の場合は「かわいそう」そして「怖い」。全てが終わった後にやって来た飛脚の鈴の音…!

広島藩士“そこを申されましても”マサルハマグチェはこの何とも言えない恐ろしさの後に来た清涼剤のようなものです!当時このドラマの大ファンだったことをめちゃイケのドッキリに利用されたよゐこ濱口優さん!奇しくもめちゃイケがもうすぐ終わるって時にこの回について書くとは思いもしませんでしたわ。*1

*1:めちゃイケ、いつの間にか特に理由もなく観なくなっていたうちに終わることになってたんだなー。