浅羽ネムの長いひとりごと

俺様は観たい時に観たいものを観る。

オダギリジョーが怪獣映画(?)大怪獣のあとしまつに出ることになった。

ど う い う こ と な の 我 の 推 し ───

\それはともかくうれしいな───!/

推し…こういう捻くれた方向性の怪獣映画(?)なら乗っかってくるって信じてたよ…三木聡監督だし…。

f:id:asanem800:20211014202117j:plain

怪獣映画としてどうなのか、特撮ファンは納得してくれるのかまではわかりませんけど、存在するだけで人間の生活に甚大な影響を及ぼす怪獣というのはそれだけでwktkだなあと思いはするのです。それはウルトラマンZでも描写されていたことにも繋がるわけですし。楽しみー。

今の時点で貼るものが何もないのでどんなものが予習になるかを考えるに、

2時間くらいで「現代」を切り取る怪獣映画ならシン・ゴジラ

www.amazon.co.jp

もっと短い時間で怪獣映画ってどんなものか知りたいならウルトラマンZかなと思う。

ところで本来の公開時期が2021年→コロナ禍の影響で2022年2月4日になるって、本当はシン・ウルトラマンに便乗したかっただろうなあと思うんだけどあっちの進捗の方はどないなんや。

機界戦隊ゼンカイジャー イカれた展開で脳が破壊!

(ステイシーくんが手を回した結果)美都子博士に逃げられたイジルデが残されたままの功博士に目をつけたよ!そして新たな実験兵士ハカイザーの登場だ!

f:id:asanem800:20211005204514j:plain

まあその…すごく…父ちゃんです…。「介人の機械化」って感じで何ともノリが軽いぞハカイザー。ゼンカイザーとのバトルはまるで息子の遊びに付き合ってる父親みたいだぞハカイザー。その正体バレがどんな形で行われるかも気にかかるところだけど、新しい武器も見つかったことだし負けてはいられないぞ!

f:id:asanem800:20211012205822j:plain

何なの?????

これによりゼンカイジャー5人の全合体ゼンリョクゼンカイオーが完成するのだけど、本来は全合体をやる予定がなかったというのがびっくりよ。

何か当方、ゼンカイの絵や感想を上げるのが少ない気がしてますけどこれは思い入れがないとかではなく

  • カシワモチトピアでは頭に柏餅をかぶってないと変質者扱い
  • 漫画にされてそのまま戦闘に入る
  • テニヌ
  • カキワルドは実はホシガキワルドだったのだホシガキ!(ナンダッテー)
  • 世界の全ての記憶やデータが牛乳で消去される

こんなぶっ飛ばし展開が次々と送り込まれるとこのポンチ絵描きのやることがないってのがあります。

始まった頃、5人のうち4人がガワという変なシリーズだけど戦隊の歴史は長いし次のは普通に人間の戦隊に戻れるんじゃないかとか書いてたと思うけど今では「こんな異様な話を1年やった後の戦隊って何やるんだろう」って心配が出てきております(ノ∀`)

ウルトラマントリガー〜僕の名はトリガー!闇を破って光となる???〜

「ティガの本質は闇」と同様にトリガーも闇の巨人だったよ!知ってた!知ってた!

3000万年前に飛ばされたケンゴの干渉によりトリガーダークに光の意志が生まれてぼくらが知ってるウルトラマントリガーが発生したってことでいいのか…???何かよくわからないっていうかつまりどういうことだってばよ…???

「僕の干渉でトリガー(闇)がトリガー(光)になり、トリガーは僕自身とすると僕とは何だろう」というフニャコフニャオ先生のライオン仮面みたいになってるような気はしてるし何かややこしいことになってるんでケンゴの母さんには息子が何者なのか説明していただきたい。1話の時点で普通の人間ではなさそうとは思ってたけども。

よかった…ティガ生首剣じゃなくて…。(去年の好調で気を良くした財団Bがやらかすんじゃないかとハラハラしておりました)でもグリッタートリガーエタニティって何かわからんけど分身するし、力の制御ができなくて街を破壊しそうになるし、そういう不穏な新フォームはこれまでもいろいろあったけどそういうのだいたい闇系で、ここまで光に満ち溢れてるタイプではあまりなかったと思うけどどう着地するんだろう。

Trigger

Trigger

  • 佐久間貴生
  • アニメ
  • ¥255

「戦いの引き金は僕だ」ってフレーズ、普通はポジティブな意味では使わないよなあと思いながら聴いている。

f:id:asanem800:20210925212702j:image溝呂木眞也は疑問を持ったようです。(溝呂木がニュージェネヴィランたちにダメ出しをする漫画を時々描いてきたけど2年も経つとそろそろ「この黒いのは何なん?」と思われてそう)

こんなのを描いてたらイグニスさんようやくオープニング回収するらしいです。えっ前半あれだけトンチキ味方ポジションだったのに!?要するにマサキケイゴ枠なのだろうなあ。復讐のために力を求めて暴走するってだけなら先が読めてしまうし何か一捻りほしいところだけども。

f:id:asanem800:20211009163445j:plain

前半が終了した時点で思うのは、作品の印象としては「悪くない」。酷評されるようなほどではないと思ってる。ただ一方で「ティガの真髄とかいうのはさすがに大きく出すぎなのでは?」とも思う。今のところ取り上げられてるのはほぼ劇場版のみなのでなー。というかぶっちゃけ、ティガ要素のないオリジナル部分の方が面白い…。Z客演編はイベント回なので評価外にするとして、一番好きなのは恋するダーゴンさんの回(10話)です。

不器用なデカブツからしか取れない栄養素ってあんのよ。

ただ1話の逆ピラミッドとかユザレの「ルルイエの意味は希望」とか、ティガを逆ルートで辿ってるようには見えるので最後にこの印象がひっくり返るのかはまだ謎なところ。

ところで配信ティガは14話「放たれた標的」まで観ました。そういえば私ティガも最初のうちは「出来が良いことはすごくわかるのだけどなぜかハマりきれない」って印象があって、確か初めて「おっ?」と思ったのが14話だったように思う。だからトリガーもそんなに焦ることはないのかも。