浅羽ネムの長いひとりごと

俺様は観たい時に観たいものを観る。

ウルトラマンデッカー〜またしても何も知らないマルゥルさん〜

あれはなんなんじゃなんじゃなんじゃー♪*1

シークレットカクレンジャー

シークレットカクレンジャー

  • トゥー・チー・チェン
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

ところでどちらも呼び方がハネジローだと混乱を起こすため、ダイナの黄色いモフモフはハネジローちゃん、デッカーのAIはHANEジローさんと呼ぶことにしました。

そんなHANEジローさん、早々とカナタがデッカーなことを知り、秘密を共有しながら的確なサポートをしている。プリキュアの妖精をウルトラでやるとこういうことになるのかもしれない。

ウルトラマンになっている時に変身者が不在になるのをごまかすというとガイアのファイターEX(PAL)を思い出すところはあって、たぶん流れ的に来年はニュージェネガイア(仮)なんだろうけどその辺どうなるんだろうな…??

一方地球に残っているマルゥルさんはまたしても何も知らずにいる。先輩マスコットとしていいのかそれで。

4〜6話(総集編含む)は“通常回”でありつつこの世界観の説明やドラマの描き込みを深めている感じ。

  • スフィアバリヤーの影響で地球環境が変化していて立て続けに怪獣が出てくるのもそのせいと思われる
  • 宇宙に進出してくる文明を快く思っていない勢力がいるらしい
  • この地球には地球人だけではなく移住や観光で入ってきた宇宙人がいるが彼らもバリヤーのせいで身動きが取れなくなっている*2
  • 火星にいる先代GUTS-SELECTとは未だに通信もできず状況がわからないままでいる

さてこの状態において現時点での新生GUTS-SELECTはというと、今持てる力で頑張ってはいるけど正直だいぶ危なっかしい。8年前(トリガーエピソードZ)からずっと怪獣が出てこなかったのと先代と連絡が取れないから戦い方もままならない。そこまで強い怪獣ではないから何とかやれてる状態なので、今この時点で強いのが現れたらひとたまりも───

  1. あっこれ今の彼らじゃ勝てねえ
  2. なるほどここでマナカケンゴォ(31)の登場
  3. でもどうやって来るんだろう?*3
  4. ところで予告で頼もしい先輩マナカケンゴ(31)が映るたびに脳内に「どうしたんすかケンゴくん!?」と驚くナツカワハルキ(23)が現れるんですが

デッカーの物語は今はまだ未熟な者たちが持てる力で頑張っているのがとても爽やかな視聴感で良いですね。ちょうどこの↓MVのようなイメージ。


www.youtube.com

カナタトオク

カナタトオク

  • provided courtesy of iTunes

まあ「オープニング曲のあのエクササイズ何やねん」とは思う(ノ∀`)

f:id:asanem800:20220822013827j:imageあのツインテールの群れ、グドンさん用の食糧だったのかな…。

ここまでのところデッカーの能力発動の仕方って「カナタが望むならそれは強く応えてくれるのだ」という感じなんだけど、何か応え方がアマダムのそれに近いような気がして、カナタ大丈夫?最後まで人間でいられる?という心配は割とあります。「ダイナのエッセンス」で考えるとカナタが人間を超える存在になるラストとかありそうなんだよなー。

*1:シレッと置かれるディアボロとパワード、わかる人にしかわからんよこれ

*2:実はこの辺、トリガーのツブイマスピンオフ「ナースデッセイ号開発秘話」だとあの地球には結構宇宙人が移住してることがわかるんですよね

*3:一応ケンゴは精神体で地球から火星までテレポートしたことがあるので来れるっちゃ来れるかもだけど変身して戦えるのかはわからん