浅羽ネムの長いひとりごと

俺様は観たい時に観たいものを観る。

全ウルトラマン大投票

www.nhk.or.jp

↑投票結果はこちらから。

ヒーロー部門

かつてのセブンの位置に今はティガがいるのではというのは前から思っていたけどそれは確信となりました。ベスト3に昭和平成令和が揃ったのは満遍なく人気があるということでよろしいことなのではないでしょうか。20位のトリガーから発表されて1位のティガで締めとなるのは並びとして綺麗ですね。ところでウルクロZとは何だったのかと思うほどにダイゴはバッチリ映りTAKE  ME HIGHERも流れ長野くんのインタビューも出てくる大盤振る舞いだったけどどうもこれNHKプラスでの配信はないみたい…?

それにしてもマン兄さんが5位というのはなかなか意外でしたよ。初代なんだからもう少し上でもいいだろという思いもあり、若い世代が活発なのはいいことだという思いもあり。何しろゼロ効果と思われる20代票が昭和のレオに入るくらいだ、キャラクターを大切に扱うということは思わぬ結果につながるみたいだぜ。

あと出演発表の時点で視聴者ハラハラしてたけど平野宏周さん予想通りのフリーダムハルキで生放送にはかなりスリリングでございました(ノ∀`)

 

メカ部門

セブンガー1位はそうなる気がしてた!かわいい!!!そりゃあかわいいし大活躍だし以後味方ロボが定着する流れを確立させたしかわいいからこの結果は納得でございます!!!あとウルトラ警備隊とGUTSが安定の人気を誇る中、もとからの数こそ少ないながらも2機ともランクインを果たしたGUTS-SELECTも大注目なんですよ。そりゃトリガーの売れ行きいいわー。

 

怪獣部門

人間の姿をしてても人外ならみんな怪獣扱いだぜ!とした結果ものすごいカオスに。何しろケムール人(32位)とガンQ(34位)に挟まれるのが女子高生湊アサヒちゃんである。その中で2位に躍り出る無幻魔人ジャグラスジャグラーオーブ(ヒーロー部門7位)より上位だよ!良かったねジャグさん!光には選ばれなかったけど視聴者には選ばれたよ!*1

ところでマン兄さんはヒーロー部門5位で黒部進さんも不本意そうだったけど一方で怪獣たちが多数上位に入ってるんですよね。この辺主役はその週に出てくる怪獣であってウルトラマンは番組を回すホスト役という特徴が反映してそう。

 

まとめ

番組としては全体的に「“好き”を語る」というイマドキの構成で、それぞれが熱く推しを語り、みんな違ってみんな良い、そんな爽やかな視聴感でした。いろいろ“昔”を知ってるからそういう自由があることに涙してしまうんよ…。そしてこういう企画があると「上位の○○は神!下位の△△はゴミ!」とかわめくバカが騒ぎがちだけど自分の萌えは人の萎え、自分の萎えは人の萌えって大前提を忘れずにいような!こういう企画って自分の知らないいろんなものがあると知るためのものだと思うんやで。

*1:顎乗せなど数々の変態仕草はNHK的にアウトだったのか何か“漂白”されてる感があったような