浅羽ネムの長いひとりごと

俺様は観たい時に観たいものを観る。

オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ 最終話?

https://www.instagram.com/p/CURAFAqv8Rt/?utm_medium=copy_link

オダギリジョー監督と葛山信吾さんがツーショットでサムズアップ。これが見られただけでもこのドラマは価値あるものとなりました(片方が犬なことからは全力で目を逸らす)

(この件とは別方面で木曜に騒ぎが起こったっぽいのですが今の自分に仮面ライダー愛があるとはとても言えないのでそっち方面はなるべく触らずにいきます)

前置きが長くてこの時点で800字超えてしまったので手短に行きますが、何かいろいろと狐につままれた気分の人も多いかと思います(ノ∀`)放送時間がないと言いつつもダンスシーンで大幅に尺を使い、謎が解けるかと思いきやむしろ増える、何となく続編を匂わせるシーンを数々出してそのまま終わる。まあ困惑とかいうレベルじゃない。

f:id:asanem800:20211002082942j:plain

これはこのドラマに限らず、他の物語評でもずっと思っていたことなんだけど、私ら例えば伏線回収できたかとか、テーマを描けてるかとか、リアリティレベルはどうだとか、いつのまにか楽しむことよりも品評することに囚われてやしないかって考えることはよくありまして、まあそういうのも楽しみ方だといえばそりゃそうだけど、もう少し素直でもいいのではないかと。一平とオリバーのやり取りとか癖の多すぎる登場人物たち、そしてオダギリ監督独特の美意識からなる美しい画作り、45分CMなしノンストップを持たせる疾走感、諸々すごく楽しかったと思ってるし、ふざけんなという評価があっても「ですよね!すみませんでした!」とも思う(ノ∀`)

最後の予告的なもの?については続編があるならそれもよし、「そんなものはない」で視聴者を煙に巻いたまま伝説になるもよしといったところです。

こんな劇物みたいなドラマも、もちろんしっかりとしたドラマも両方生き残っててほしいな。「こういうのがウケがいいから」が世の主流になるのは必然だけど、それが「こういうのが正しいから」になるのは窮屈に思うのでいろんなものがあった方がいい。

というわけでたぶんしっかりとしてる朝ドラカムカムエヴリバディも放送まで1ヶ月となりました。こちらも楽しみー。