浅羽ネムの長いひとりごと

思いついたことを書いたり描いたりしてるブログ。あくまで主体がTwitterなのでコメント欄なし。のんびりやります。

Vシネマ 帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕

そういえば私トッキュウジャーから戦隊を再び観るようになったわけだけどこの帰ってきた系のVシネを観るのは初めてだなー。

f:id:asanem800:20170621071400j:image

東映!映画村!チャンバラ!これはきっと江戸時代設定で何代か前のご先祖シンケンジャーの話をやるんだなと思いながらこの時代考証何それおいしいの?的な時代劇を観ていたら西部劇が始まったでござる。どういうことだよ。ゲストのマイケル冨岡さん、外道衆とか何か重要キャラとかいうことじゃなくあの出番なんですね…ヤキソバンなのに(´・ω・`)

その後も刑事もの学園ものと続き、本編では流之介のウエディングドレスくらいだったクソ女装も出たり。

youtu.be

劇場版MOZU プレミアム Blu-ray BOX

劇場版MOZU プレミアム Blu-ray BOX

 

松坂桃李くんの女装といえばこの作品にも出てくるんだけど映画の内容はそれどころじゃなかったなとか思い出したりした。PG-12で流血シーンが多いのでご注意を。全15話のテレビドラマの集大成ですが15話観てもどんなドラマかわからないので安心してください。(安心?)

その後はジュウオウジャーよりも前に動物戦隊はいたのねとかたまたま某アイドル方面でさまざまな紛糾があったのを見た翌日にアイドルって妙な方向にタイムリーだなと思ったり、でもこれだけ東映お家芸的なことをいろいろやってるのにヤクザ映画パロはないんですね…って最後のスペースオペラ的なやつ実質ヤクザの抗争じゃないかとか(ノ∀`)

本編は広げた風呂敷をすでに畳んでいてやり残したこともないし、お祭り感高い楽しいカーテンコールでございました。時系列は本編36話より前の辺りの靖子にゃんが本格的に牙を剥く以前のところですかねえ。こんな楽しい話の裏でも殿は自分が影武者なことに1人で苦しんでたり本家で姫が封印の文字取得のため鍛錬を続けてるんだなと思うとある種の悲しみが(今それ思い出すのやめよう)あっVシネなのに新商品が出てきてない⁉

今回でシンケンジャー視聴は完走となりますね。 戦隊は基本的な型が決まっているので安心安定で観られるのが良いところ。その上で昔の型をただそのままなぞるだけではなく時代の流れに合わせたアップデートも欠かさないニチアサ枠の良心だと思っております。(一方ライダー枠のあらゆる意味でムチャクチャなところも必要だと思ってる)前々から言われていたけど戦隊と時代劇って相性がいいなあ。

ところで時々TwitterのTLに流れてくる主張で、菅田将暉くんとか松坂桃李くんとか福士蒼汰くんあたりのニチアサ出身でその後人気俳優となった面々について「若い女は特撮ヒーローだったことも知らないでキャーキャー言うなー」的なのを見かけることがありまして、この御三方の初見が他ドラマだった私は「な、何かすみません…キャーキャー言ってなかったけどすみません…若くもないけどすみません…」と思っておりました。*1 自身を振り返ってみると、私はクウガを観てもらえたら嬉しいなと思います。ただ全49話で17年前の番組だしどうしても特殊ジャンルにあたるのでなかなか容易く手にとってもらうのは難しいかなとも思います。でもやっぱり観てもらえたら嬉しいな。ただ人の好みを強制しようとは思わない。その上で「昔のオダギリジョー」だけでなく「現在のオダギリジョー」も観てほしいなとも思ってるんだ。まあそれだけです。今後も興味を持った時にいろんなものに触れていきたいと思うし、いつか特撮の進む道と自分の好みが離れる時が来たとしても特撮ジャンルはそのまま生き抜いていてほしいとぼんやりと考えております。

*1:菅田将暉くんの初見は泣くな、はらちゃん松坂桃李くんのは梅ちゃん先生の再放送。福士蒼汰くんはあまちゃん。現時点でフォーゼは未視聴です。

カッコよくデジタルで塗ってみたい人生だった

ずっと絵を描く時はシャーペンで下書き→サインペンで主線引き→コピックで色塗りってやってきたんですけど消しゴムをかけるのがすごく辛かったんですね、それでデジタルで描けばそういうのがなくなるかなと思って去年にアプリをダウンロードしました。だけど何をどうすればいいのかまるで理解できなかった_| ̄|○

乗算?グレースケール?選択範囲?その辺の用語がわからない。何とかアナログ絵を撮ってデジタル変換して塗るってやり方を覚えたものの消しゴムの件は全く解決しない。その上デジタルで線を引こうとすると思い通りの場所に引けない問題_| ̄|○スマホって狙い通りの場所にタップできないことよくありますよね…ありますよね?(´;ω;`)

という感じでてんやわんやしながらこの2ヶ月弱ほどデジタル塗りした絵をここに上げてたんですがどうもコレジャナイって思うことが多すぎてストレスが溜まる事態になっておりました。どうも「描いてる」っていうより「線を置いてる」「色を置いてる」って感じが強く。ただ広い面を塗るのはどうしてもコピックじゃ厳しく。すぐインクなくなるし。

f:id:asanem800:20170617184817j:image

で、これがアナログ絵をコピックで塗り→それをデジタルでスキャン→背景色をデジタルで塗ったもの。もっとスムーズにできる方法はきっとあるはずなんだ…!

Q:何で文字が真ん中に寄りすぎてるの?

A:Twitterがアイコンの形を突然丸くしたからだよ!!!

というわけでハギオ(南瓜とマヨネーズ)で新しいTwitterアイコンです。

youtu.be

kabomayo.com

南瓜とマヨネーズ (フィールコミックスGOLD)

南瓜とマヨネーズ (フィールコミックスGOLD)

 

エルネスト仕様じゃないのはあれはまず題材の予習をする必要がありそうなので。キューバキューバ

youtu.be

www.ernesto.jp

まあどっちもいつものようにまず山陰でやるのかどうか不透明なんですけどね…

MediBang Paint 公式ガイドブック (玄光社MOOK)

MediBang Paint 公式ガイドブック (玄光社MOOK)

 

(読んだけどほとんどがパソコン用の解説でスマホアプリ使用の私には厳しかった)

CRISISみんなでBORDER越えたらこわくない

【はじめに】あらゆる方面の情勢が穏やかではない昨今ですがこの記事で書くことはあくまで「このドラマ内の世界における情勢」のことです。ご了承ください。

f:id:asanem800:20170615100527j:image

(デジタルは塗りも文字書きも慣れないわあ…)

Q:彼らは「特捜班」なのになぜ特捜戦隊にしないの?

A:もういるから。

何だか総評としては「あーそっちかー…そっち選んじゃったかー…」ってところですかねえ。確かに特捜班はどこかテロリストたちと思考が紙一重であり、ちょっとしたきっかけで向こう側に行きかねない危うさはあった。その上で尽力しても権力に阻まれたり利用されたりをずっと続けていけばそうもなるわなっていう納得と、それでも己の正義を通してほしかったってガックリ感と両方あるんだけど、これはニチアサでどんなにボロボロになっても立ち上がるヒーローたちを見てきたからってのはあるかもしれない。まあこれは正義や悪についての作者との解釈違いってところかな。

北の某国のミサイルが飛んだとか、子供を搾取する大人たちとか、子供は子供でもっと下層の子供を利用したりとか救いのなさはリアルと言えばリアルだし、ただ登場する政治家(とその息子たち)は「わるいいちぞく」に傾きすぎなのではと思ったりしておりました。*1 BORDERではあまり悪の描き方で引っかかったことがなかったのはあっちは個人の善悪の話でCRISISは国家VS個人の正義だからドラマで扱うにはスケールが大きすぎたのかなー。

ただこのまま闇堕ちで終わりってわけじゃないっしょー?きっとCRISIS大戦は劇場へ!みたいなノリで続編があるんでしょよくあるよくあるおのれディケイド…

www.tv-asahi.co.jp

そっちの続編かよ!!!

まあこういうことだとCRISISも新しい元号が決まったら稲見たち元特捜班が〇〇(新元号)維新軍になってテロを起こす続編をやるのかもわからんね。

youtu.be

でも円盤にこれ↑は入らんのでしょう?

youtu.be

ミライースはむしろ収録すべきだと思うww

*1:政治家に限らず人間とは絶対的な善人も悪人もいなくて良かれと思って最悪の事態を選択してしまったりすることもあると考えております

侍戦隊シンケンジャー 第十二巻(TV版最終巻)

エグゼイド仕様でこの終盤の辺りをやるとしたらまずオープニングで殿の部分をシレッと姫に差し替えるくらいはやりそうだなと思った。安定の信頼感。(信頼感?)

封印の文字のことがあるからさんざん殿のことをおのれ志葉の当主ぅぅぅ!!!とブチ切れてたドウコクさんがこの事態が発覚したら姫の方ばかり気にして殿の方は完全スルーしてたのが地味にエグかった。その一方十蔵は当主でも影でもどっちでもいいという意味では志葉丈瑠自身を見ているとは言える。迷惑なストーカーだけど。もともと侍じゃない幼馴染の源ちゃんと通じる部分もあるので何となく関わるエピソードが多かったのはそういうことなのね。

f:id:asanem800:20170608083805j:image

十蔵はどこかでちゃんと描いておきたかったけどなかなかタイミングがつかめず結局最終巻になってしまったよ。使命を終えて空っぽになってしまい、ただ斬り合うだけになってしまった殿を引き戻したのは1年かけて積み上げてきた絆。たとえ嘘からできた関係であってもそこに嘘はなく…ってこと私前回感想でもう言っちゃってるじゃんよ!うっかりフライングしてしまったよ!一方十蔵も薄皮太夫も人の絆を断ち切って外道に堕ちた身であるゆえ、ああいう結末になるのは道理。だけど悲惨すぎる感じでもなく、どちらも納得して散ったのは良かったです。ドウコクさん、推しのサインを貰ってがんばるドルヲタみたいだなと思ったのは私だけでいい。

f:id:asanem800:20170607153012j:image

何か当主問題が斜め上に解決した。年下のお母さんか…

???「真理はなあ、俺の母親になってくれるかもしれない女なんだ!!!」

???「ポッピーは消去させない…彼女は私が生み出した…命だ!!!」

殿と彼らは何が違ったのか…(ノ∀`)

姫は姫で当主の重い使命を背負ってる人で良かったなあ。(それゆえに家臣と源ちゃんの感情がよりややこしいことになった気はする)でも変な方向に思い切りが良すぎるよ!w17歳未婚ですよ⁉︎まあ戦隊の靖子にゃんは何だかんだで最後にageてくれるくらいには優しさがあるから!(ライダー枠では人でなしみたいな言い方はやめるんだ)

ずっとこの現代において自分の命を預けたり、時に捨てることも辞さない侍ってどうなんだろと思ってきたけど、人の情とはまるで別の価値観を持った外道に立ち向かうためにはそうしなければならないというのもまた真実ではあるのかな。それはそれとして志葉家の育成システムは今後見直していこうぜ!報連相は大切に!ニチアサにおける揉め事の原因はほとんどそれだぞ⁉

本筋が終わり、最後はVシネマ*1になるけど正直ライダースピンオフと違ってやり残したことある?靖子にゃんが地獄みがヌルかったと思ってるならそれはまあ仕方ないかなと思うけど*2…と思いながら予告編を観て「何やこれ」と思っているところだ。

*1:VSムービーは当方ゴーオンジャーゴセイジャーも未視聴ゆえ今回は外す

*2:ぼくは本当に靖子にゃんを何だと思ってるんだろう

侍戦隊シンケンジャー 第十一巻

41~45話となるとそうか年末年始か…。戦隊最後の販促期間こと歳末大売り出しロボ大盤振る舞いで盛り上がることを前提に限界まで突き落す年末販促の枷がなくなるので遠慮なく限界超えて突き落す年始だ…。靖子にゃんの掌の上にいる限り突き落されるのは避けられないのだこわい。

年末の方はアクマロ退場回。あの人地獄が見たくて今まで回りくどいことやってたんですね…。それで自分がやられても構わなくて最期は斬られて望んだとおりのものを見て昇天したようでよ、良かったね…めんどくさいドMだなあ。

十蔵がどこかで情を取り戻す展開になるのかなと思った時期もありました(ノ∀`)そうだね靖子にゃん「あの」浅倉威の母だもんね。むしろ戦隊仕様でマイルドにしてある方だわ。予想とは斜め上だけどむしろこっちの方がイイヨイイヨーと思っている私もなかなか非道ではある。

f:id:asanem800:20170530084415j:image

何もこんな形で正月気分から覚まさなくても。

殿の重大な秘密については前からスパヒロ実況TLを読んできたせいですでに知っていたものの、実際にドラマを観ていると知ったから楽しめないというものでもなかった。いつも一段上の座布団に座っていた殿が姫に向かって片膝立てた礼をする画はかなりキツい。しかし志葉家、こうやって幼い子を影武者に仕立てておいてアフターフォローもろくにないわ共に戦う家臣たちにも伝達しないわって現代に存在するコミュニティとしてそれはどうよ…。確かに戦う侍の掟は厳しいっていうのはこれまでにも何度も語られていて、親子でも断絶を余儀なくされたり(34・38話)夢と仲間を置き去りにしなければならなかったり(35話)、あと41話で病気のお姉ちゃんの年齢がかなり離れてるってハッキリ語られたことを考えると、ことはちゃんの出生自体がお姉ちゃんの代用ってことだよなってなるわけで。志葉家ちょっと時代に合わせたアップデートできてなさすぎじゃね…?まあ丹波さんがやたらと偉そうなので今はこんな印象だけど次の最終巻で印象がひっくり返りそうではある。姫はたぶん殿と同じくらいめんどくさいツンデレな予感がする。

ためしに検索をかけたら見つかったぜ!

ライダーにおいては女性ライダーが出るたびに「どんな形で史上初って言おうか合戦」が起こってるみたいなんだけど*1戦隊には常に女性戦士がいるので正直何を今さらと思ったりもしていた。ただ女性のレッドっていないんよねーこれは販促ターゲットが男児だからどうしても仕方ないよねーとは思っていたので「いたのか(゚д゚)!」って驚きがあったりとか。キュウレンジャーで41作目、戦隊の長い歴史の中では外野の勝手なツッコミはだいたい「それもうやってる」ってなこと多いよねー。

殿はずっと嘘をつき続けていたこと、家臣たちに本当は預ける立場ではない自分の命を預けていたこと、そして彼らの命を預かっていたことを1人で抱え込んで苦しんでいたことになるけど、それでも殿には言いたいのですよ、最初のうちはともかく今ではもうみんながあなたをかばってくれることも、あなたがみんなをかばうことも殿と家臣の関係だからやってることじゃないだろうと。そして外道衆と戦って人を守ってきたことは嘘じゃないだろうと。

*1:これについてはとりあえずレア感を出しておかないと発表しても一般視聴者の目に留まらないって事情があるんだろうなと思っている。