浅羽ネムの長いひとりごと

思いついたことを書いたり描いたりしてるブログ。あくまで主体がTwitterなのでコメント欄なし。のんびりやります。

新選組! 第十回 「いよいよ浪士組」

前回またしても出自の壁に阻まれてからのお誘いでヤッターってなってこのサブタイトルだしついに京へ行くかと思うやろ?まだやで⁉︎

f:id:asanem800:20170817091317j:image

ダメな会議だ!グダグダと話し合ってろくな決定も出せないダメな会議だ!

いや本当史実を知ってる視聴者から見たら「ここについて行ってもろくなことにならないからダメええええ」としか言いようがないんだけど歴史の流れの中にいる彼らはもちろん未来のことなんてわかるはずもないしただ行く先に希望があると信じて進んでいるだけなのです。でもやっぱり「京になんて行っちゃダメだよ江戸の貧乏道場で駄弁って暮らしてもいいじゃないよう(´;ω;`)」とも思ってしまうな。

テレ東のウルトラマン観ています③ウルトラマンオーブ ベストセレクション編

仮面ライダー電王は未視聴でして、石黒英雄さんというと私には大河ドラマ平清盛の宗盛ぼっちゃんですねえ。有能な兄たちが過労死と事故死って事態になって当主となり、結局平家滅亡の憂き目に遭うんだけど本人は無能というよりも身の丈以上の役割を負わされてしまった不憫なところがあった役。あとね、家族のうたに出てましたよね…⁉7話、ミッキーが事務所を抜けた後の後任マネージャー役。

家族のうた DVD-BOX

家族のうた DVD-BOX

 

ここぞとばかりに唐突なダイマを試みる。

テレ東のウルトラマンといってもオーブは本放送時未視聴で、現在BSジャパンのベストセレクションで視聴中。ただあの…1→3→5→11→12→14話(今日)って順番で放送してるようで、途中の行程豪快にすっ飛ばしてるねこれ…。1話完結といっても連ドラにはだいたい縦軸くらいはあるはずで、そこかしこに布石が置かれてると思うしすっ飛ばされた回ってたぶん本筋には関係ない日常回だと思うんだけどキャラの性格がちゃんと把握できるのはそういう回なんじゃよー。というわけで、このセレクションで大筋を理解した後でオリジンサーガ(前日譚らしい)→本編全25話→劇場版の順番で観た方がいいのかなあと思っているところ。*1

f:id:asanem800:20170815071745j:image

だって今こんな印象なんだけど完走した皆さんの印象と違いすぎるんだもん!!!もしかすると私は…主に平成ライダーにおけるネタキャラにあまりにも慣れてしまったのではないか…というかウルトラでネタキャラがいるってこと自体がちょっと珍しく思えて(ノ∀`)※基本的に生真面目なシリーズってイメージなんです。

そういえばオーブにしろジードにしろ防衛隊または怪獣に対処する組織がないわけじゃないけど主人公がそこに属してないから話の中心にはならないんですね。どういう理由でそうなってるのかまでは知らないんだけど過去のシリーズより一般市民へ視点が寄ってる感じに見えてる。ぼく市民を守るヒーローの構図だいすき!まああの…平成ライダーでよく雑に言われる無職ネタがこっちにまで波及してしまう気がしなくもない…|д゚)ジードだとリクくんがバイトしてたりペガくんが内職してたりしますね。ガイさん…ガイさんは風来坊ですね!(`・ω・´)「主人公がどこで雨露をしのぎどうやって食べているのか」というのは過去のシリーズでは「防衛隊で働いているから」で済むので気にする必要すらなかったことなんだなーと思った。…その昔中学教師と防衛隊の隊員とウルトラマンを兼任してた主人公がおってのう…大人になって思い返すと全部過酷な労働じゃないかあれ…。

*1:ただ現在新選組!円盤視聴中でやっと9話まで済んだところなのでいつそれをやれるのかは何とも言えない状況。

テレ東のウルトラマン観ています②ウルトラマンジード編

さてジードは最初の発表で坂本浩一監督が撮るとわかり、どんな画になるんだろうと思ったけど、

3枚目を見てだいたいわかった。

「脚フェチ監督坂本浩一。いくつもの特撮を巡り、その瞳は何を見る」(太ももじゃないかな)\見上げる星ー♪/いや今年本当にいろんな特撮を渡り歩いてるけど何人いるんだ坂本監督。

ところでこの発表の時に主人公がベリアルの息子ってことで結構な人が驚きと歓喜に溢れてたみたいなんですがそれではお聞きください。

「私悪のウルトラマンがいることをこの時に知ってそこに驚いてた」

いやあの、光の国の方々は悪い心の者はいないって設定だった覚えが…。ももう100%の善も100%の悪もあり得ないってわかりきってるわけだしウルトラだけ昔の感覚のままじゃいけないわなーと納得した。ジード事前特番を観た感じウルトラマンという強すぎる光が生み出してしまった影の象徴なのかな。(などと思いつきを言っており)

その息子のジード=リクくんはとにかく孫みがすごい。あのタケル殿を凌駕するレベル。何かすごく飴ちゃんあげたくなる。いつも食事がカップラーメンで心配になる。天才子役の実力パない…!!!でもジードは「目つきが悪いから」「ベリアルに似てるから」世間の人気は今ひとつで6話にしてやっと支持率50%を越えたところ。たぶんこれその後も奮闘することで支持率は上がるだろうけど100%近くなったところでその出自がバレて突き落されるんじゃないかなー。(エグい)おそらく一つの事実にあることないこと乗っけられた形で吹聴されるんじゃないかと想像したんだけどそれを絵にすると

f:id:asanem800:20170813225108j:image

すごく…相当EXCITEです…。

EXCITE

EXCITE

今後あらゆるドラマや映画で真相が明らかになるたびにこの曲が脳内再生される呪いにかかってしまいそうであるよ。

ただ私今のウルトラのノリがまだつかめてはいないしどうしても平成ライダーに引っ張られた感覚で観てしまってるところはあると思うのでこの予想が大外しになる可能性も大きいのかも。レイトさん(人格はゼロの方)がリクくんに初めて会った時につい「ひいいいここから誤解が元でバトルが始まっちゃううう」とビビったからなー(ノ∀`)

各キャラは何だか温かい気持ちで見ていられますねえ。武闘派おねえさんライハちゃん、ポンコツおねえさんモアちゃん、物静かな上司ゼナさん、気弱ドジっ子妻子持ち眼鏡リーマンレイトさん(属性盛り過ぎでは)、そして星人系ヒロインペガくん(♂)。ペガくん、造花の内職(1本5円)で生活を支えるってそれもう嫁さんじゃないのか。作るのがカーネーションってあたりに何か含みがありそうだなとは思いつつ。あまり激しい展開にならずにこのまま穏やかに観ていきたいと思ってるけどさてどうなりますか。そもそも「全25話の特撮」っていうのがあまり経験がないためどこで急展開をかけるのか、どこで大きな販促回があるのかもわからないので結構新体験の気持ちですねえ。

ウルトラマンジード DXジードライザー

ウルトラマンジード DXジードライザー

 

2本のカプセルを装填するのか―。

仮面ライダービルド DXゴリラモンドフルボトルセット

仮面ライダービルド DXゴリラモンドフルボトルセット

 

………………………。

あのもしかしてBの因子ってベリアルじゃなくてバンダ(この文章はここで途切れている)

そういえばベリアルのCVって本作などテレビ版だと小野友樹さん(バランス役など)だけど劇場版だと今話題の(それ以上いけない)宮迫博之さんなんですね。

じゃあこれは事実上のジード関連作といっても過言ではないですね(`・ω・´)キリッ*1

次はオーブベストセレクションのことを書くつもりだけどあれ相当エピソードをショートカットしてるみたいだからまともな感想になるのか自分でも心配でございます。

*1:ネタバレになるので詳しく書けないけど毒親とその息子の話でもあるんです。もちろんいつものしんちゃんらしいおバカなムードは盛りだくさんですよ。

テレ東のウルトラマン観ています①ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE編

去年辺りから自分のTwitterのTLにポツポツとウルトラや円谷方面の話題が出るようになってはいた。そのうちフラフラと立ち寄ったのがあのレッドマンブームで、その広がり方がいろいろと興味深いと思っていた。私の記憶にある円谷プロレッドマンをああいう推し方しないところだと思ったので。いや何か真面目にやることはそれはいいことなんだけどそればかりでは息が詰まるなってかつて思っていたところがあって、「あ、今は楽しいことではしゃいでもいいんだ」って思った。バカなことやっても名作を冒涜してるとか言われない場所ができてるんだって。それは円谷プロがいろいろあって(ありすぎて)時流に合わせたアップデートをするようになったってことなのか、私自身が昔見てきた特撮ファンの空気が偏りすぎていたってことなのかはわからない。

そういう状況の中でジードの制作発表。シリーズ構成乙一さんってこともあって特撮ファン以外の方面からも沸くTL。*1 こういう空気のなかでフラッと興味を持ったものの、コスモスが合わずにリタイヤしたっきりの自分の知識はおそらく全く役に立たないと思い、少しでもノリを掴めるかと思ってゼロクロニクルを途中から観ることに。まず思ったのは「このタイトル…人が消滅でもするのか」だった。

???「クロニクルの意味は年代記や記録のことであり、人間をデータ化してガシャットに閉じ込めることでは、なァい!!!」

 

ここからは各話の不完全な印象を箇条書きに。

 

キラー ザ ビーストスター編(の最後のみ)

最後だけ観たので話が全くわからないのだけど「そういえば土屋太鳳ちゃんがウルトラの映画で姫様の役をやってたと朝ドラTLで知ったような…」と記憶が蘇る。そして彼女がロボットに「あなたがか弱い私を攻撃できないのはあなたに正義の心があるからです!」と説得してるのを観ながら「太鳳ちゃんなら足技で倒せるのでは…」と明後日なことを考えていた。

 

ウルトラマンサーガ編

本当に人間が消滅した───!!!((((;゚Д゚)))))))まったくありゃ本当にどうしようもないクソゲーだよ!!!(仮面ライダークロニクルの話はしてない)それはともかく冒頭から「アスカが消えてからもダイナ世界においては粛々と時が進み、スーパーGUTSの皆さんもしっかりと生きている」ってのがわかって目から水。最初チームUの面々を見て「大人の事情的なやつかもしれないけど防衛隊全員がAKBっていろいろおかしくねえか」と思っていたら途中でその理由がわかってベソベソ泣く。穿った見方をしちゃってごめんよ君たち立派な地球防衛隊じゃないか!(´;ω;`)ところで上記でコスモスが合わなかったと書いたけど今作においては「そういうウルトラマンもいる」くらいな落ち着いた気持ちで観られた。

 

ウルトラファイトオーブ

僕の知ってるウルトラファイトと違って話がある!!!!!|д゚)いったいどういう事情でバトルしてたのかはわからなかったけど、ゾフィーVSバードンを頭が燃える→振り切って消火→勝利って形にしたのを見て「あ、ネタに持っていかずに成長させてるんだ」と感心した。*2  それにしても精神と時の部屋のような空間でセブン(とゼロ)と10年間特訓するって何ですかその地獄。ジープ、ジープで追い回されたのガイさん⁉

 

ウルトラゼロファイト

僕の知ってるウルトラファイトと(以下略)ここでようやくキラーザビートスターに出てきた彼らがゼロの愉快な仲間たちと知る。ミラーナイト女子受け良さそう。ピグモンかわいい。小さな命!!!

ULTRA-ACT ウルトラマンゼロ

ULTRA-ACT ウルトラマンゼロ

 

そもそも「えっセブン子供いたの⁉⁉」ってところから知らなかったので驚いたりしまして(ノ∀`)その後「えっお母さんはアンヌじゃないの⁉」→「なるほどゼロくん5900歳なの…そりゃ確かにアンヌじゃないわ…セブンは今年で放送50周年だっていうし…」→「えっじゃあダンとアンヌが遊園地のコーヒーカップでデートしてたりとか最終回のアレとか思い出すと」→「これってダンをどこかの川に投げ込んだ方がいいの?どこに投げ込む?銀河?」ってところまで思考が巡っておりますwwまあゼロのお母さんが誰なのかずっと不明だそうだしこれからもその辺は謎のままなのでしょう!

こんな感じで中途半端に古い知識のある初心者というめんどくさい立ち位置ですが老害思考にならないようにゆるく観ていこうと思っております。何というか時代の変化が面白い。ジードとオーブセレクションのことも書いていくつもりです。

*1:ただし恥ずかしながら当方おそらく乙一さんの作品に触れたことはないと思う

*2:頭が燃えるアレ方々でネタにされてるから

新選組! 第九回「すべてはこの手紙」

f:id:asanem800:20170811095652j:image

指導方針は統一しようぜ!

武士らしく生きようとしてもまた百姓の出自によって阻まれてしまう。日本どころかそこを飛び越えた世界を見つめている人もいる一方で武士は身分の違いとか小さいことを言っている。でも試衛館の若者たちはいまだにその武士の輪の中にすら入り込めないまま。家族ともども穏かに暮らしたいつねさんとしては勇に遠くに行ってほしくないわけだけど、武士として生きて御公儀の役に立ちたいと願う夫を見ると強く止められないわけですよ、本当に止めたかったらあの手紙を破いて捨てれば良かったんだから。彼女にはどうにもできないまま戸棚にしまっておくくらいしかできなかった。いい奥さんなんだよねー…再放送が実現してたら「勇を鴨川へ投げ込めコール」は起こっていたんだろうかww

ところでこの浪士組のお誘い、解説が山南さんだし2017年の今見ると「牢人衆じゃないか!!!」って思っちゃうね。その後の運命も似たようなものだね…ウウッ そして平助の「太閤秀吉も元は百姓じゃないですか」ってフォローには「せ、せやな…(震え声)」ってなるし…うん…。

この当時自分の家にはパソコンがなく、よくネカフェで感想巡りをしていました。ただ、史実に詳しくないのでわからないところを調べようとするとどうしてもドラマdisを見つけてしまっていました。有名な漫画家先生からのdisもありましたなー。私は個々の作品については好きなものはあっても大河ドラマという枠はどうしても愛せないと思っていて、きっとその感情はこの時に初めて生まれたのだと思います。直虎が気に入らないとある研究者の方が賛同者を得るためのアンケートを何回もやってると知ってそんなことを思い出しました。*1自分が知っている事象や思い入れの強い旧作を新作を殴るための武器にしちゃいけねえ。

*1:「面白い」「面白くない」「打ち切るべき」みたいな選択肢を設けて毎回「面白い」がトップになってる模様ww