浅羽ネムの長いひとりごと

思いついたことを書いたり描いたりしてるブログ。あくまで主体がTwitterなのでコメント欄なし。のんびりやります。

新選組! 第二十五回 「新選組誕生」

サブタイトルの華々しさとは正反対となる折り返し地点。抱え込んだ膿を取り除き、これから御公儀のために力を振るうことができるかと思いきや、この先もずっと彼らは仲間たちを手にかけていくことになる。それは芹沢の闇を受け継いでしまったかのようで。そしていざとなれば命を奪えなかった山南さん…。

f:id:asanem800:20171119075958j:image

破滅が迫る中で不器用すぎた2人がようやく出したもがきの中でほんの少しだけ望んだ「普通の暮らし」の夢は奇しくも水戸で野口くんが繋いでいく。

f:id:asanem800:20171119080017j:image

この後の運命の暗示ではあるが…それにしてもムードもへったくれもないし空気読まねえな斎藤とも思うの(ノ∀`)

次回、えーとああ個人的にデカレン回と呼んでる回ですね!(予告の映像についてはあえてのスルーという)

劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!

平成(ニュー)ジェネレーションズ!といっても私はギンガ、ビクトリー、エックスのことは何もわからない!大丈夫なのか⁉と心配しておりましたが、全編「オーブの映画」として通していたので問題なく楽しめました。というかちゃんと現行ヒーローを立てるお祭り映画として成立してた。「お祭り映画をやる」と宣言してちゃんとお祭りになってるのは大事なことだと思うんですよー…たとえ子供向けであろうと映画を観る以上はエンタメを楽しみたいのであり、「こんだけのノルマを消化しないといけない大人の事情たいへんだなあ」と観客が忖度してあげる必要はないと思うんですよー…(遠くを見つめる)

 

続きを読む

Iのために/民を泣かせるもの(おんな城主直虎)

f:id:asanem800:20171112111333j:image

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW(ダブル) ファングジョーカー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW(ダブル) ファングジョーカー

 

フィリップが暴走してるならこれかなあ。

赤と青ならこっちかもしれない。

あんなに健気だった虎松(→万千代)がこんな暴走少年に成長するなんて(ノ∀`)でも直虎の猪突猛進さ、直親のスケコマシ人たらし、政次の粘着質、しのの思い込みの激しさと、実親&育ての親の悪い部分を見事に受け継いでるwww井伊家再興を目指す万千代とその気がない直虎の間に挟まれて何も知らずに操り人形にされてる近藤殿がかわいそうになってきたのでそろそろお互い妥協点を見つけてほしいwwwそしてそんな万千代をサポートしてあげる亥之助(→万福)くんほんといい子(´;ω;`)ブワッ 万千代に対する取扱いがほどほどに雑なのが良いwww井伊と小野は次世代でも二つで一つ。

↑ここまでが45話を観る前に書いたもの

↓ここからが45話を観てから書いたもの

そうねこのドラマではこんなお笑い展開が続く時は後から鬱展開が来るものだったよね!!!orz

信康様…聡明すぎる大天使。本人には全く後ろ暗いことなどないのに理不尽な運命に晒されてしまう。これが万千代の望んだ「戦って奪って生き延びる戦国武将」の生き方。その陰でどれだけの人間が涙しているのか思い知らされることになるのだなあ。

おんな城主 直虎 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

おんな城主 直虎 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

ウルトラマンオーブ1.5周目感想 25話(TV版最終話)「さすらいの太陽」

予告ではナオミのセリフはこの通りまるで臨終間際みたいな感じなんだけど↓

youtu.be

実際のところはガイさんを強く信頼し、自分の足で立って生きられる彼女のセリフは力強かったわけでウソ予告じゃないかYO!(ㆀ˘・з・˘)

終始思ったのは「ジャグさん、ガイさんのこと大好きすぎだろ…」でしたの。どれだけ脅してもナオミを殺せない。蛇心剣を振り回して足バタバタさせながら…泣いてる。気持ちと行動がまるで食い違っていて何ちゅう複雑な人やねん…とベストセレクション視聴時思っていたら実はこの涙は脚本にはなく、青柳尊哉さんが感極まって出たものと後から知って「バンザド⁉︎」とグロンギ語で驚いたものでした。当初のプロットの想定を飛び越えて役者さんや演出がキャラを大きく育ててしまう化学反応って長期ドラマの醍醐味ですよねー。

f:id:asanem800:20171111082403j:image

\おまえにピットイン!/(ググった)

これまで闇を照らしたりとか斬ったりとか、とにかく闇をなくす方向で考えていたガイさんがいろいろ回り道して出した答えだけど、まさかの公式・まさかの中の人たちからの情報を得てしまうと若干の邪念が入ってしまったような気がする(ノ∀`)

ちなみにこれ、ベストセレクション最終話視聴後、特にネタでも何でもなくただ見えたまんまを描いたもの。3日くらい経ってから「ワイ何を描いてんだ…」と白目になってました(ノ∀`)

ここからは前回の絶望をひっくり返す大逆転劇。捕まって斬られたナオミはジャグさんを叱咤して立ち上がらせるし、*1 ミサイルでむしろエネルギーを与えてしまったビートル隊は的確な対策でマガタノオロチを攻撃。人間は愚かなことをしてしまうこともあるけど取り返すこともできるのです。\人間の可能性は無限大だ!!!/(他社)…ところであの天使は何だったんでしょ(ノ∀`)オーブ、基本的に真面目だけど思わぬところにシュールさがあるよね。

\俺たちは2人で1人のウルトラマンオーブだ!!/(言ってない)は気持ちがアガるねえ。長すぎる因縁で歪んでしまった関係が共に並び立つまでに。それにしてもオーブがジャグさんを倒して終わりにするわけにはいかないとは前に書いたものの、あの演出でジャグさんが死ななかったことには驚いているの。「俺ごと撃て!」→「じゃあな…」→消えてからの普通に生きてるって流れクスッとなるよwでもこれまで苦しかっただろうしこれからは何かいいことあってほしいなあ。いい人か悪い人かって考えると地球にとっては間違いなく悪い人なのにこう考えてしまうキャラなのすごい。そして諸先輩方に協力してもらうところはやはりベリアル様も一緒にビーム撃ってくれる画が面白すぎるwwまあ翌年ジード16話ではガイさんひよっこ扱いされるんですけどね!!!

最後のガイさんとナオミの別れはセブン最終回、ダンがアンヌに正体を明かすシーンのオマージュ。約50年前はヒーローの告白にヒロインが驚いていたけど現代ではヒロインはすでにわかっているし、ヒーローの方も彼女が気づいてたことをわかっていて、それでもお互い言わないでいたっていうのは時代の変化だと思うし、「でもダンってあの時すでに息子いたんだよなあ…」って思ってしまうところまでがセットです(ノ∀`)

ウルトラマンオーブ

ウルトラマンオーブ

 

基本的に明るく楽しく、しかしよくよく観ると奥深くなかなかの歯ごたえで楽しかったです。全25話って手を出しやすく、そして意外と濃いんだなあ。最初この話数を知った時には「ニチアサの半分しかない期間で何ができんの⁉」って思ってたんだけどとんだ思い違いでした。あとこのくらいの長さだからこそもう1周とか派生作品とかにも手を出しやすいですね。罠じゃないか!!!!!

youtu.be

この次は劇場版なんですね。要するにこれはライダーで言うと冬映画に相当するやつなんです?ウルトラマンXについては「人間の主人公ではなくウルトラマンの方がポンコツらしい」「エグゼイドにあり得たかもしれない優しい世界らしい」ってくらいしかわかってないのだけどとにかくここまで乗りかかってしまった以上は観ます。その後が超全集ですかね。何か中途半端はしたくないって気持ちになってる。

*1:ナオミが手を差し伸べるところ、「素敵!抱いて!」って思った

ウルトラマンオーブ1.5周目感想 24話「逆襲の超大魔王獣」

オーブは脈を取り怪獣の死を確認して目を閉じてあげるけどレッドマンは怪獣の死をレッドチェックで確認したら目を開けたまま放置して立ち去るよ!すごーい!こわーい!

youtu.be

大陸間弾道ミサイルのせいで地球がヤバい。

北の国からの贈り物本当に迷惑だよな)(ベストセレクション放送時しょっちゅう来てた)

f:id:asanem800:20171109205411j:image

これまた特定層をいろいろ刺激する画だなと思ってしまうゲスい脳で本当に申し訳ない。

ウルトラマンオーブ ウルトラ怪獣DX マガタノオロチ

ウルトラマンオーブ ウルトラ怪獣DX マガタノオロチ

 

「大変!ママが来た」とは圭子ママだけじゃなくマガオロチにも掛かってた…⁉︎恐怖にかられた人間の行動がさらに事態を悪化させて絶望的な状況になる中ナオミが斬られ、「あの」15話ですらついてきたウルトラヒーロー大研究コーナーもなくなるほどの引きで次回最終回!

…ところであれって「本当の地獄はここからだぞ」って言って斬りつけていて、一見するとナターシャを失った絶望の再現に見える。…でもナターシャあの爆発では死んでない…それはジャグさんが一番よく知ってることなわけで…「大切なものを守れなかった絶望」をよく知ってる口ぶりなのはなぜなんでしょうかね…ええつまりこれってナターシャの再現ではなく…ミコットの件における自身の気持ちをガイさんに味合わせようとした…?ちなみにここベストセレクションでの初見時では「また今カノを襲ってるよこの元カノ…」と思ってしまい(ノ∀`)