浅羽ネムの長いひとりごと

思いついたことを書いたり描いたりしてるブログ。あくまで主体がTwitterなのでコメント欄なし。のんびりやります。

るろうに剣心 京都大火編

   まず最初に申し上げなければならないのは、私は原作については雑な知識しかありません。連載時に人誅編を読んだくらいじゃなかったかな。アニメも未視聴。和月伸宏先生がONE PIECE尾田栄一郎先生の師匠ということは知っています。そんな理解で観ているので感想として相当見当違いの部分があるかもしれませんがご了承くださいm(_ _)m
    観る前にちゃんと映画評とか感想とか読んだわけでもないけどTwitterのTLに回ってきた感想を読む限りでは原作既読の人はおおむね満足していて、時代物にうるさいタイプの人にはあまりよろしくない感じ?おそらくこれは数ある原作ものの映像化において最も理想的に二次元を三次元に翻訳できてるのではないかなと思う。…だいたい漫画原作ものって残念になるのにある程度客の入りが見込めるからもうやめようってことにはならないじゃないですか…。そして原作ファンに遺恨を残すじゃないですか…。二次元は!生身の人間にできない世界だから二次元なのよ!何でもかんでも三次元にできるわけじゃないのよ!※あずみは美女丸は良かったよ!
すみませんつい熱くなってしまいました。まあそんなわけで、これが時代物としてはおかしいと言いたくなる気持ちもわからなくはないのですがそれは「だってジャンプ漫画だもん」で片付いてしまうことなのです。誰も北斗の拳キン肉マンにリアリティ求めようとは思わないでしょ?これを楽しめないとしたらおそらく原作から合わないと思うので、今ちょうど時代劇映画もいろいろなタイプのものを上映していることだしどうかご自分に合う映画を選んでくださいとしか。例えば超高速!参勤交代は娯楽の詰まった大人の贅沢な時代劇ですぜ。俗っぽいエンタメも上品なエンタメもどちらがいい悪いではなくて、それが好きという人に評価されてどちらも生き残ってほしいな。
    本編についてはまず、言うほど京都が燃えてないことにはちょっと抗議したいww正直後編も観ないことにはまだ何ともってところがあるからこの前編だけの段階では評価しにくいな。今言えることとしたら宗次郎狂ってていいよ宗次郎。彼がなぜああいう笑顔なのかは原作で読んでいて知っておりまして、いいなああの狂気。ジャンプ漫画だから当然といえば当然なんだけど、悪役がきっちりクズに振り切ってていいなあ。※当アカウントは敵役がクズや変態に振り切ってると作品への好感度が上がる傾向があります。
f:id:asanem800:20140819223454j:plain
    殺さないヒーローの物語はなぜか私に合わないことが多いみたいなんだけど、剣心は前作も今作も引っかかりもなく楽しめていて、それはなぜなのかなとはずっと考えている。人を殺めた過去への後悔ゆえの行動だからなのか、悪役が「実はいい人」みたいなぬるいことがないからなのか、テーマ的なことはあっても第一に重視しているのはあくまでエンタメだからなのか。一つ思うのは合わないと思った物語の場合、殺さないと主張する主人公自身のこだわりがわかりにくく、その主張がふわっとした夢物語に聞こえてしまうのかな。剣心の不殺の誓いは結構危うくて、前作でも今作でも破られてしまいそうになることもあって。何しろ敵がクズばかりだからねえ。それでもなお、その誓いを守る人はヒーローとしては危なっかしいけど哀しく、尊い。などとごちゃごちゃ書いてますがこの映画は小難しいことは考えずに少年の心で楽しむが吉だと思います。(台無しか)
   というわけでツッコミ所も。
  • 薫殿が私も戦う!と言い出した時は「えっ」となったけど案の定捕まった時に「ああ…うん…」と白目になった私は別に非情ではないですよね…?ね?
  • 蒼紫様は最初悲しい過去を聞いた時はしんみりしたけどずっと「抜刀斉はどこだー⁉︎」と全然違う所を探し回っていたのは笑いどころなんだろうか。京都テロ計画(陽動)実行の時まで割り込んでくるから空気の読めてなさハンパないwww
  • 前作で香川照之さんが請け負った変態枠は今回滝藤賢一さんの役回りのようだけど前編だとまだ十本刀が揃っただけだからなあ、後編に期待。
  • 十本刀、後編の2時間半で尺足りるのだろうか。
  • 謎の男()の名を伏せた意味あったのか。
  • 何気に水落ちは生存フラグでしたね。
   後編も楽しみです。るろ剣は宣伝で過剰に感動推しにしてこないので、そういう映画は応援したいのだ。

映画るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編 写真集

映画るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編 写真集