読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅羽ネムの長いひとりごと

思いついたことを書いたり描いたりしてるブログ。あくまでTwitterの140字を越える文章を書く場所なのでコメント欄なし。演出脚本の情報漏洩にならない書き方を心掛けたいと思います。

仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ

平成ライダー劇場版のタイトルはなぜこんなに長ったらしいのか(ドライブっぽいサブタイ)
えー正直言いまして平成ライダーの劇場版ってあまりイメージが良くなくて、観るとは決めたもののちょっと身構えてたところがありました。本編より前に雑音が聞こえすぎて萎えてしまうということが多くて。ところがこの映画はそんな態度を後悔するほど面白かったです。すみませんでした!m(_ _)m
何しろアクションに次ぐアクション!回し蹴り!バイクアクション!女子の太ももは欠かせない!!終始「坂本監督…この画すっっっごく撮りたかったんだろうなあ…」と思いながら66分が過ぎていきました。何にしても作り手の「こういうの大好き!黙って見とけ!」みたいなのが伝わる画って…いいよね…。何よりこれはTVシリーズの劇場版なのに「ドラマスペシャルを映画館にかけている」じゃなくてちゃんと映画の画だった。この価値は大きいですよ。当時ニチアサに帰ってきてない私はもちろんこの映画を映画館で観ないで今回レンタルで観たんだけどそれを後悔したもの。
画だけでなく話も好きです。平成ライダー一期はヒーローもののお約束から外れるようにやってきていたところがあったと思っていて、それはあの当時のあの枠の事情を考えたら無理もないんだけど、私きっと年を重ねるたびにそういうのに疲れていたのかな。だってこの真っ直ぐともベタとも言う内容を見て涙ぐんだから。仮面ライダーは風都の希望で、市民の応援で立ち上がるんやで…!(一期の頃を考えたらこんなんありえん)
オールライダー映画ではWのお披露目コーナーwが入っていて、あの時はWが2人で1人な設定を知らなかったから1人でブツブツ言ってて怖かったんだけどwwこの映画でもそんなコーナーあるのね。夏映画恒例になってるのかな?ここで新ライダーのオーズが「ライダーは助け合いでしょ?」と言ってるのも(´;ω;`)ブワッとなった。(ここで去年の平成VS昭和を思い出し、結局ライダーバトル自体は続くのか…と気づいて暗澹とした気持ちに)
ドライブの主題歌やライダー4号の声が松岡充さんと発表された時TLは歓喜になっていて、エターナルそんなに人気なのかー、でも予告編を観ると悪役っぽいんだけど?とずっと思ってたけど、
f:id:asanem800:20150305070215j:plain
実際に観てすごく納得した。清々しいほどの悪なんだけど品があるね。本当は死者という悲哀を持ちながらもそれを辛気臭く引きずってるわけでもないキャラだった。Vシネマ仮面ライダーエターナル」はこの前日譚になるのかな?そっちも楽しみにしておく。
予告編を見た感じ釣り商法(本当の最終回とかファン投票で結末を決めるとかのあの辺)をやってたわけでもないようで、ずっと私は真っ直ぐなエンタメとしての平成ライダーを求めてたんだなあと思った。しかしそれができたのはディケイドさんがこれまでを破壊し尽くすという汚れ仕事(汚れ言うな)を引き受けてくれたからとも思う。いろいろ思うところはあるんだけどやっぱりディケイドは嫌いじゃないわ!(でもTV版最終回はおのれディケイド)

仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ コレクターズパック【Blu-ray】

仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ コレクターズパック【Blu-ray】

さてこの後は12巻→WオーズMOVIE大戦→Vシネマアクセル→エターナル→ネット版AtoZの順番で観ます。オーズ、タカトラバッタと上様しかわからない…ついていけるかな…。