読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅羽ネムの長いひとりごと

思いついたことを書いたり描いたりしてるブログ。あくまで主体がTwitterなのでコメント欄なし。のんびりやります。

侍戦隊シンケンジャー 第一巻

事の発端

  1. いつものようにクウガのおすすめツイートが回ってきてリツイート
  2. それを見たフォロワーさん「そんなに面白いんなら貸してよー」と独り言ツイート
  3. 総額68400円のBlu-rayを貸すのは抵抗があるとエアリプ
  4. フォロワーさん「じゃあシンケンジャー貸すからー」とエアリプ返し
  5. そっちもそっちで59400円…そんな高額なものを借りるのも抵抗が…と困惑
  6. いや待て、じゃあワイが観たらええんやないのか⁉
  7. f:id:asanem800:20170206103812j:image

(なお金額が違うのはクウガにアップコンバートがかかってるためと思われ)よく考えてみるとこれって思わぬ形で言質が取れたのをいいことに脅迫してるようなものでは⁉︎という気もしてるけど、まあシンケンは評判もいいみたいだしやってみようと思う。

 

現時点でシンケンジャーについて知っていること

  • 2013年~2014年にディケイドをDVDで視聴しており、24・25話のコラボ回は観ている。
  • この時になぜネットでは松坂桃李くんが殿と呼ばれているのか把握。初見は梅ちゃん先生の再放送。
  • この回って続き物なんだけどその週のシンケンの方はどうしてたんだろう。
  • 今ググって本来はシンケン20話→ディケイド24話→シンケン21話→ディケイド25話の順番で観るものだったらしく、今回はこれを取り入れようと思う。(メモ)
  • というか何でこの時期靖子にゃんはそこまで働いてるんだろう。
  • 追加戦士は寿司屋らしい。
  • 約3年間ニチアサを視聴して実況・感想・ネタ・考察のツイートを読んでいるうちに殿が抱える「秘密」については知ってしまっている_(:3 」∠)_
  • まあ8年前の番組の後から視聴なのでそれは仕方ない。割り切ってやっていこうと思う。
  • ピンクの高梨臨さんは花子とアンが初見。
  • とりあえずVSムービー以外は走っていく予定。

 

本編(1~4話)を観て

現代設定で時代劇をやっているのだなとまず思った。戦隊はよく歌舞伎のようなところがあると言われるし、様式美を重んじるシリーズだから相性がいいのだろうな。ただ現代は個を大切にする時代だからそこで家の使命に縛られる5人はそれぞれ拗らせてるところがありそうな。3話は一人で突っ走る千明が目を覚ます回だけど、むしろ一人で何もかも背負い込んでるのは殿の方だよなと思ったり。(これは秘密を先に知ってるからそう思うのかも)

 f:id:asanem800:20170209103446j:image

おでんwwwところで昨今はよく「漢字なんて読めりゃ書き順なんてどうでもいいだろ」ってことはよく言われますが「でも書き順が間違ってるとモヂカラが使えないし…」ってカウンターが使えるのか!(使えるのだろうか)

 まあこんな調子でゆるくやっていきます。よろしくお願いしますm(_ _)m

 

だがしかし

完走までの道のりは険しい。

動物戦隊ジュウオウジャー最終回&ここまでの仮面ライダーエグゼイドは⁉︎

このところヘボットで突然謎のシリアスっぽいシーンが入ってくることがあるのは何なんだろう…まあヘボットだし…。

 

集まれアニマル地球は我が家さ(ジュウオウジャー

 「この時点であと2話な」というしょうもないミスはさておきジニス様って常に余裕だし地球人のことは下等生物と見下してるしで勝てそうな要素が見つからなかったものでねえ。実はメーバの集合体だったとわかって考えるとこの辺が全てコンプレックスの裏返しとなるのでなかなか心に来ますわあ。これ大聖人大和先生の心の中にずっと独りぼっちの子供がいたこととかコミュ障ゆえに殻にこもってしまうみっちゃんとの対比でもあって。

www.youtube.com

0:07辺りで出てきて「えージニス様再生怪人枠なのー」とガッカリしてた方も多いと思うけど、今だと「まあメーバだしな…」って謎の納得感があるww

歯向かうクバルを跪かせるほどに怯えさせ、対等になろうとしたアザルドのことは切り捨て、庇うナリアを葬るほどに誰とも繋がろうとせずに自分だけで自己を大きく見せていたジニス様が異なる種族で繋がった群れのジュウオウジャーに敗れるのは必然であった。多少どころじゃないレベルでコミュ障な大人の心もえぐられた気がするがええんや…これで全国のちびっこたちが繋がりの大切さを学んでくれたらそれで…ええんや…_:(´ཀ`」 ∠):

f:id:asanem800:20170208151136j:image

そして勢いで繋がる人間界とジュ―ランドwwwええんかそれwwwまあちょうど今世界情勢的に異なる人種が分断されているところなわけで、時期的に考えても制作陣にそこまでの意図はないはずだけどこの優しい世界は心にしみる。しばらくは混乱するだろうけど繋がる世界をここから始めるんだ。

youtu.be

繋がった世界のちょっと後の光景がこちら…なるほどわからん。

最終回恒例の提供カットでのレッド交代式でもわかる通りシシレッドもおそらくバカなので来年のVSムービーでまた大和先生に心労がかかるのか…(ノ∀`)

 

流れてこないOpening!(仮面ライダーエグゼイド)

EXCITE

EXCITE

オープニング曲が発売されました。ライダーの主題歌がオリコン1位を取るのは初めてだそうでおめでとうございます。…何か番組中に曲は流れてくるもののオープニングがなくなっているのはいったいどういうことなんだろう。しょうがないからMVもつけましょうかねえ。

www.youtube.com

おい大知くんも分裂しとるやないか彼もゲーム病に侵されてるのかい!

平成ジェネレーションズで前フリはしてたけど本編でも永夢くんがゲーム病患者だと明らかになり、いまだ真実を知らない本人と告知せずに対処しようとする医者たちとのドラマが進行しているところ。よくライダーバトルは「お前ら話し合えば解決するだろ」とツッコまれるけど「ストレスをかけてしまうため告知できないから」という理由をつけることで変化をつけてる感じ。最初の頃は(永夢くんも含めて)いけ好かない印象を持たせてた登場人物たちが医者として確固たる信念を持ちちゃんと優しいけどどうしようもなく不器用だということがいつの間にかわかるようになってる。花家先生のあの悪態なんて言ってることが全部正反対に聞こえてるもんなあ。その矢先にニコちゃんとの関わりで意外にかわいいところを見せるようになってたりとか。「覚えておけ、お前のガシャットはいずれ俺がいただく」←いただける気がしない(ノ∀`)

レベル50…ついにレベル26のヘボットに勝てる仮面ライダーが!!!(そこじゃねえ)

医者たちのドラマの裏で幻夢コーポレーションのドラマも進行中。元社長とパラドがだんだん意見が噛み合わなくなってるけどどうも「お母さんが急に亡くなって荒れる子供とオロオロしてるお父さん」に見えるのはなぜか。もちろんお母さんとはグラファイトさんのことです!(`・ω・´)

服役中の父親が息子(30)に贈る応援歌と考えるといろいろと面白いwwさて逃亡中の息子が作ろうとしてる仮面ライダークロニクルとはどんなゲームなのか⁉

rideratsume.com

たぶん違う。

rideratsume.com

ニンテンドー3DSでもプレイできるようになったよ!

 

春映画について

youtu.be

正直現時点ではあまり惹かれるところがない…(小声)

当方は興味を持てるものにのみつき合いそうでないものはそれなりに距離を取って取り扱うくらいな方針を取っております。ただ死んだ九条先生が復活?するというのがどういうことなのかは気にかかる。というか取り扱いを間違えると炎上必至の物件だと思う。夏映画だったらみんなの意向を反映した泣かせる展開にできると思うけどねえ。こう、ジェネシスにおいての諸々のことを思い出してな。ただ今年もコラボ回は(あれば)楽しみ。エグゼイドの面々はロボを見てどうリアクションするかな。

f:id:asanem800:20170205104854j:imagef:id:asanem800:20170205104903j:image

ちょっと考えてみた。

動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージfromスーパー戦隊

何気に戦隊のVSムービーを映画館で観たのは初めてでございました。いやあ…先に観た人たちがしきりにタカ兄がヤバいと言ってたのが気になって気になって。本当にヤバかった。恐ろしいよタカ兄。今回はジュウオウメイン脚本の香本女史担当だから多少は知性ができてしまうのかな、まあそういうことよくあるよねと思ってたら俺たちがよく知ってるあのタカ兄だったよ。

 

続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(1月11日Tジョイ出雲で観賞)

…えー…さてどうしたものか…。

ちょっとこれは朝ドラ視聴をしてた時によくぶち当たっていた「自分と作者の価値観が違いすぎててコンフリクトが発生」というやつが起こってしまったかもしれません。何とか言葉を選んだ感想を書くことを心がけるつもりですがこの映画に感動したって方は以下の文章を読まずにバックした方がいいかも。断っておきますがキャストは全員良かったです。特に宮沢りえさんはそりゃ本作で主演女優賞総ナメにするわと納得です。

『湯を沸かすほどの熱い愛』オリジナルサウンドトラック

『湯を沸かすほどの熱い愛』オリジナルサウンドトラック

 

 

続きを読む

干支とかさっぱり関係ないただ自分が描きたいだけの絵で新年のごあいさつ

f:id:asanem800:20161227213935j:image

所詮お金もらってやってるわけでもないブログですからな!せっかくだから私は描きたいものを描きたいように描いて好きな時に上げるぜ!(この絵はNHKスペシャルボブ・ディランの時のオダギリジョーさんです)

去年はネットをやっててもリアルの界隈でも人と人との境界と壁の存在を考えることが多かったように思います。自分自身も他人も関わらなければ生きてはいけず、さりとて心を誰かに支配されることがあってはならず。決して優しくはないこの生きづらい世界で今年もどうにか生きていくのでしょう。今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m