浅羽ネムの長いひとりごと

思いついたことを書いたり描いたりしてるブログ。あくまで主体がTwitterなのでコメント欄なし。のんびりやります。

怪獣ラジオ・仮面ライダークウガ15周年SP⑥(ゲスト:鈴村展弘監督)

引き続き高寺Pと鈴村監督の漫才トークをお楽しみください週であったよww

燃える制作現場。(物理)

教会のシーンについて弁当の話で落としたオダギリについて先週はこんにゃろうまたいつもの悪ふざけをと思ったけどこうして本当の話を聞くと上手いことオブラートに包んでくれていたのではという気に(ノ∀`)トンデモ話に「そんなわけあらへんやろー」と思ったら真相はもっとトンデモだったww

再生ギノガがまさかの1UPキノコwwwどうしてそうなったwww

人間ごときが地球の自然を操ろうなんておこがましいとは思わんかね…(無駄にスケールをでかくしてツッコむ)

ジャラジ回での小倉さん流血事件は話に聞いたことはあるけどこうして当事者の話として聞くと震えるわあ…((((;゚Д゚)))))))実際の映像はそういう影響もあってなのかクウガこわい五代くんやめて止まって感が凄まじいのです。

えーと総じて、クウガの制作現場いろいろ狂ってるな⁉︎wwえ、ええ、真剣すぎる現場では異様に気分がハイになったりやりすぎたりすることよくあるよね!(必死のフォロー)ま、まあこういう狂気があってこそ閉塞感を打ち破れたのだろうと思います。は、はい。でも現在の平成ライダーの現場ではマネしちゃダメだよ!かなり事故と紙一重だからな!(でも制作の熱が伝わってしまうのか、こういう狂気と紙一重な体制のドラマにうっかり惹かれてしまうところがある私なのだ…最近だとマッサンとか…)
そして演出だけでなく現場の空気作りも大切なわけで、鈴村監督がその重要な部分を担ってくれていたこともよくわかりました。本当にありがとうございました!トーク楽しすぎるww名残惜しいしマシンガントークすぎて聞き取れなかったところも多いので書籍化してくれていいのですよ?先週の告知ツイがbuzzってニュースにもなったことですし(チラッチラッ)
企画段階の仮面ライダーカワカミとガーディアンの話は常に特撮ヒーロー番組に横たわる問題だよなあ。インパクト重視でいくかテーマ重視でいくかによっても変わってくる流血シーン。子供が思うカッコよさと大人の思うカッコよさとの齟齬。(毎年平成ライダーの最終フォームがゴテゴテに盛っていて「うわっカッコ悪っ!!!」とツッコまれるのもそういうことだろうし)リアリティ志向とヒーローというファンタジーをどう噛み合わせるのか。クウガにおいてはそこをどう処理してあのようなことになったかって考えると、五代雄介というそのキャラクター抜きには考えられないと思っていて、そうなると最終的な回答が出てくるのはきっとこのSPの最後。そうあの方のゲスト回になるのではと。
さてそんな予想はひとまず置いといて、来週再来週のゲストは葛山信吾さんです!

 ワイルド!でもクウガではヒロイげふんげふん

仮面ライダークウガ Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]

仮面ライダークウガ Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]

 
仮面ライダークウガ Blu‐ray BOX 2 [Blu-ray]

仮面ライダークウガ Blu‐ray BOX 2 [Blu-ray]

 
仮面ライダークウガ Blu‐ray BOX 3<完> [Blu-ray]

仮面ライダークウガ Blu‐ray BOX 3<完> [Blu-ray]